聖天様と湛海律師と宝山寺(第15話)舎利信仰のこと④

聖天様と湛海律師と宝山寺(第15話)舎利信仰のこと④
この記事は約1分で読めます。

4コマ漫画

そのお入りになった跡から、 弥勒菩薩がご来臨になり、
お手には五輪の塔を捧げ持たれ、 お姿は気高く、厳かに飾られて麗しく、
お手には五輪の塔を捧げ持たれ、 お姿は気高く、厳かに飾られて麗しく、大光明の中にさらに無数の光が輝き、たとえてい うことばもないほどで、あまりの情景に、地に伏し心からお祈りを捧げた。
その後、舎利を数えてみると、百六十粒に分かれていた。

つづく
第16話→

湛海律師が聖天様を初めて拝見した時
今回のお話は、湛海律師御自筆『霊感記』下巻より 真天出現の場面を分かりやすく解説してみました。 ...

←第14話

聖天様と湛海律師と宝山寺(第14話)舎利信仰のこと③
4コマ漫画 つづく 第15話→ ←第13話
0
聖天様と湛海律師

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました