***お知らせ***

只今お知らせは御座いません。合掌

 

聖天信仰を不安に辛く感じる原因

聖天信仰は一生意識と行動
意識と行動
この記事は約3分で読めます。

聖天様専用商品バナー

※聖天様に願いたい?▶
※聖天様に聞きたい?▶
※無料で相談したい?▶

聖天様を信仰すること聖天信仰と言いますが、この聖天信仰を喜びながら楽しく感じている人間と、聖天信仰を不安に思い辛く感じている人間がいます。

聖天信仰を不安に辛く思うとは、何を不安に何を辛いと思っているのでしょうか。

その理由の中で多いと言えるキーワードは『一生』です。

これは聖天様に限らず、信仰というもの自体が一生続けるものであるのですが、聖天様は怖いという意識からか、聖天信仰を途中で止めたら祟られるという意識からか、『一生』というキーワードが、『一生続ける自信がない。』となり、不安に感じたり辛く感じたり、重荷になるようです。

実際に無料相談なんかでも『聖天様を信仰したいですが、一生続ける自信がありません。』という人は多いです。

聖天様を信仰することに、不安や辛さを感じるのであれば、聖天信仰しなければ良いのです。

聖天様の信仰を続けることに、不安や辛さを感じるのであれば、聖天信仰を止めれば良いのです。

そもそもそんな意識で聖天様を信仰しても、ご利益など授かりませんし、ましてや願いも叶えて下さりませんし、聖天信仰を途中で止めたからといって、悪意ある止め方でなければ聖天様は怒りません。

ましてや祟るなどもってのほかであり、神様である聖天様に対し祟ると思うこと自体が、無礼千万な話で御縁のない証に御座います。

ただ、聖天信仰を止めたら、二度と振り向いてくれなくなりますので、二度と御守護して下さらなくなりますので、あしからず。

つまり、当たり前の話として、聖天信仰を止めて、聖天様が振り向いてくれなくなることで、災を防げなくなるということが、聖天信仰を止めることで普通にあるということです。

そもそも、聖天信仰に不安を感じたり辛いと感じること、聖天様との御縁があるとは言い難く、そもそも聖天様との御縁は無い『なんちゃって信仰』であるという可能性は大きいと言えます。

これら聖天信仰を不安に思い辛く感じている人間というのは、聖天信仰を喜びながら楽しく感じている人間が持つ、ある最も大切なものを持っていません。

それが無いから『不安』に思ったり『辛い』と思うのです。

聖天信仰を喜び楽しく感じる人間と、聖天信仰を不安に辛く感じる人間の違いは、何でしょうか?

それは、聖天様のことが好きなのか否かです。

相手が人間でも、心底惚れた相手に対し、『この人と一生を共にしたい!』と思っても、『この人と一生を共にできるか不安で辛い!』と思う人は居ませんよね。

どこか惚れきれないからこそ、その人と一生を共にすることに、不安を感じたり辛さを感じたりするのです。

本当に惚れた相手なら、誰に言われなくとも、自分から『一生を添い遂げたい』と思うものです。

これ聖天信仰も同じです。

聖天信仰を喜び楽しく感じる人間は、心底から聖天様に惚れている人間です。

聖天信仰を不安に辛く感じる人間は、心底から聖天様に惚れていない人間です。

聖天様に心底惚れていないから『聖天信仰は一生だよ!』と言われると不安になり辛く感じるのです。

聖天様に心底惚れているから『聖天信仰は一生だよ!』と言われても、それが嬉しく楽しく幸せに感じるのです。

聖天様との御縁が本物なのか否か、聖天信仰は本物なのか否か、その答えは『聖天様に心底惚れているのか否か。』といっても、決して過言でないと存じます。

皆様は心底から聖天様に惚れていますか?

そうですよね~。

ここ聖天様ブログ読者様は、誰もが聖天様に心底惚れていますよね!(*^^*)

合掌