嘘か真か、夜に爪を切ると親の死に目に会えない?

爪切り
この記事は約1分で読めます。

皆さんも「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」という言葉を聞かれたことあると存じます。

これを信じる人がいれば、迷信だと信じない人もいます。

はたして「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」というのは迷信でしょうか?

これ結論から言えば「迷信」です。

そもそも「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」という由来には様々な説が御座います。

これを言い出せばキリが無いくらいの説が御座いますが、結局は「暗いところで爪を切るのは危険」という意味に辿り着くのかなと存じます。

そもそも昔の時代は、現代のような明るい照明器具など御座いませんし、ましてや爪切りも無かったが故に、怪我をする可能性が高いので、夜に爪を切らせない為に「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」という迷信が、その時代によって生まれたのでは無いかと思います。

この「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」という言葉に『縁起が良い』とか『縁起が悪い』とか、スピリチュアル的な意味は何ら御座いませんので、深爪など怪我しないよう、明るいところで気をつけて切れば、夜でも何ら問題は御座いません。

合掌

+1
迷信と言い伝え

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました