***お知らせ***

只今お知らせは御座いません。

 

夢に現れた巫女さんに「合格して良かったね」お告げを授かりました!

御縁と奇跡
御縁と奇跡
この記事は約2分で読めます。

聖天様専用商品バナー

※叶えたい願いある人▶
※知りたい未来ある人▶

 

今日は久しぶりに聖天様(歓喜天)は登場しない記事です。

たまには聖天様(歓喜天)にも休んで頂いた方が良いかなと(笑)

今日は少し恥ずかしい神秘体験!です。

高校受験

あれはもう○○年前(年齢がバレるので○と記しますが○が2つで二桁ですw)のこと、私は中学三年生で高校受験を控えておりました。

当時の私は聖天様(歓喜天)から「こらぁ~」と叱られるような中学生でした(笑)

私は当時の先生らから「奇蹟も起きない」と、志望校の不合格を断言されていました(^^ゞ

どうです?少し恥ずかしいでしょ?(笑)

確かに箸にも棒にもかからない成績だったかもしれませんが、そう言われると燃えてくる私です!

それから「見返してやる」と頑張りました。

霊能者

そんなある日のこと、当時お世話になっていた霊能者が居ました。

凄く優しい年配の、お爺ちゃん霊能者でした。

そのお爺ちゃん霊能者に中学校の先生から奇蹟も起きないと言われた高校受験の合否を聞いた所、「努力すれば絶対に合格する」と、これまた断言して頂きました。

その言葉を胸に刻み更に頑張りました。

そして無事に受験を終え合格発表日の朝方に、ある夢を見て目覚めました!

夢に現れた巫女さん

私の夢に現れた巫女さんは、光り輝く、何とも美しく綺麗な巫女さんでした。

顔は光のようなもので見えませんでしたが、凄く綺麗で神秘的な紅白のお姿が印象的でした。

そんな素敵な巫女さんが美しい優しい声で私に「合格して良かったね」と言ってくれたのです。

そのお告げを授かった瞬間に目が覚めた私は合格を確信しました!

それを知った「奇蹟も起きない」と断言した中学校の先生らは失礼にも「奇蹟が起きたな」と言っただけでした。

そんな私にも、たった一人だけ心から応援してくれた生活指導の先生が居ました。

その先生だけが、涙を流し私を抱きしめて祝福してくれました(泣)

あの時の巫女さん・・・美しかったな・・・

以上、少し恥ずかしい神秘体験でした(笑)

合掌
執筆者:聖パパ