泉先生のお口から聖天様のお言葉

井戸水
この記事は約4分で読めます。

このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎先生と聖天様のお話です。

小坊主
小坊主
前回は拝む泉先生④のお話だったけど覚えてる?
拝む泉先生④
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...
女性
女性
もちろん!本日のお話は?
小坊主
小坊主
泉先生のお口から聖天様のお言葉というお話!

泉先生のお口から聖天様のお言葉

聖天は口の礼くらいでは物すまさん

小坊主
小坊主
泉先生のお家は、お参りに来られる方が多くなって、手狭で困ったので、
小坊主
小坊主
止む無く、先生の奥さんの妹だから、泉先生の義理妹になる、『おそのさん』の
小坊主
小坊主
草屋の持ち家を片付けて、そこへ先生の家を新築することになったんだ。
女性
女性
そうなんですね!
小坊主
小坊主
その計画を聞いて、町の有志が、寄付の申込みをされたというんだ。
女性
女性
それは、素晴らしい!
小坊主
小坊主
しかし、先生はきっぱりと断られたんだ。
女性
女性
え、どうするんですか?資金は?
小坊主
小坊主
寄付を断られた先生は、村木さんに、
泉先生
泉先生
「村木さんよ、あなたが建ててくれ。」
小坊主
小坊主
と言われたんだって。
小坊主
小坊主
すると、村木さんは
村木さん
村木さん
「ハイ」
小坊主
小坊主
と申し上げたんだ。
小坊主
小坊主
すると、忽ち、泉先生のご様子が変わったんだ。
小坊主
小坊主
凛としたお声で、
聖天様
聖天様
「聖天は、口の礼くらいでは物すまさん。大きに大きに利子を付けて戻す時代を待ってくれ。」
小坊主
小坊主
と、おごそかに言われたんだ。
女性
女性
聖天様が、直々に、村木さんに、
女性
女性
口だけのお礼はしない!利子を沢山つけて返すから、その時を待て!
女性
女性
と言われたんですね。なんて有り難いお言葉でしょう!
女性
女性
で?それからどうなったんですか?
小坊主
小坊主
それっきり、別段、村木さんに、泉先生は世間的な挨拶は、一言もなさらなかった。というんだ。
女性
女性
ご自身の口から出た聖天様のお言葉の事は覚えていないのでしょうか?
小坊主
小坊主
どうなんだろうね..
小坊主
小坊主
村木さんもしなければならぬ当たり前のことと思ったが、
村木さん
村木さん
先生のこの御声には深く打たれた。そして心から有り難いと思った。
小坊主
小坊主
と言って居られる。
女性
女性
そうですよね。神様からのお言葉を直に賜る機会なんてめったにないですからね。
小坊主
小坊主
本当だね。
小坊主
小坊主
そして、いよいよこの建物の基礎工事を始める前に井戸を一本掘り始めた。
小坊主
小坊主
もう出そうなものだというのに、水の出る気配がない。
小坊主
小坊主
先生におうかがいをたてたら、
泉先生
泉先生
「もう少し掘ったら、石が3つ出る。」
泉先生
泉先生
「その石を上げると、湧き出てくる。」
小坊主
小坊主
と、言われたんだって。
小坊主
小坊主
そして、その言葉通り、石を3つ上げたら、忽ち、ガバガバと音をたてて湧き出してきたというんだ!
女性
女性
凄い!
小坊主
小坊主
その際出てきた石の一つは、大切にして、新築した神殿の床の奥深くへ納められたんだ。
小坊主
小坊主
又その内の1つである富士山の形をした石は、その時、村木さんが頂いて、大切にしていたらしい。
小坊主
小坊主
撫養石(和泉砂岩)の様な感じのするよい格好の石であったらしいよ。
小坊主
小坊主
そして、最終的には、此の石は、阿波の段関で、三宝会が建立した、多宝塔の中へ納められたんだって。
小坊主
小坊主
今回のお話はここまで。
小坊主
小坊主
では、次もお楽しみに~

合掌

次→

小橋龍野さんが先生と初対面
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...

←前

拝む泉先生④
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...
+3
聖天様と泉庄太郎

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。当方で選んだ質問や相談のみブログにして返信します。必ず返信が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は無料相談を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました