癌封じ祈祷のタイミング

病気平癒
この記事は約2分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

この世を生きる人間の誰もが患う可能性を秘めているのが癌です。

癌は生死に関る病気です。

今の時代は早期発見で治る場合も御座いますが、やはり癌と言えば誰もが死を連想するかと存じます。

この癌という病気は自覚症状が少ないことから、早期発見が難しい病気だと言われています。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

何らかの症状が出て病院へ行った時には、既に遅しという場合も少なくないようです。

私のところにも、病院で癌告知を受け、聖天様に癌封じを願う人々がいらっしゃいます。

しかし癌告知を受けてからの癌封じは、かなり厳しい祈祷になります。

もちろん聖天様に癌封じを祈祷することで癌から救われる人もいますし、間に合わなかった場合でも延命など何らかの御利益は授かります。

ここで注目して欲しいのが上に書いた「間に合わなかった」という言葉です。

医学的に癌を封じるには早期発見が必須です。

しかしこれは癌になってからの話です。

癌を封じるということは、癌になってからでは御座いません。

癌になる前から癌を封じるのが癌封じです。

もちろん癌になってから、癌を治す為の「癌封じ」や「癌平癒」も御座いますが、癌封じの最善は癌になる前から封じることです。

癌になる前から毎月にでも癌封じ祈祷しておれば、癌になる危険性が減り、または癌になる前のポリープの時に、何らかの導きで早期発見し、癌になる前に事前に除去するという御利益を授かるのです。

癌は生死に関わる病気です。

まだ癌になっていない元気な時であるからこそ、今後も癌になることのないよう、事前に聖天様へ癌封じ祈祷し願って下さい。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

健康の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました