癌に纏る願いは健康体の時が最善

医師と患者
この記事は約2分で読めます。

本日は「がん封じ」「がん平癒」「手術成功」「術後回復」「再発防止」「転移防止」など、癌に纏る願意に関して話をしたいと思います。

癌とは悪性腫瘍のことであり、最も患いたくない病気の一つであります。

当方でも、「がん封じ」「がん平癒」「手術成功」「術後回復」「再発防止」「転移防止」など、癌に纏る祈祷を承り行っておりますが、その殆どが癌になってしまった人や、癌になってしまった人のご家族様など関係者様です。

例とした「がん封じ」「がん平癒」「手術成功」「術後回復」「再発防止」「転移防止」など、癌に纏る願意の祈祷は、癌になってしまってからでも構いませんが、その中でも「がん封じ」「再発防止」「転移防止」などは、癌になる前、癌が再発する前、癌が転移する前に行うことが出来る願意であり、癌になってからよりも、癌になる前から意識し祈祷するなど事前に対応しておくことが肝要に御座います。

癌になっていない健康体の時に、癌に纏る祈祷をするという意識は、芽生えにくいかと存じますが、癌は誰もが患う可能性ある病気ですから、健康体の時こそ万一に備え事前に対処しておくことが、癌にならない最大の秘訣の一つに御座います。

自分が癌になること、ご家族が癌になること、想像してみて下されば、健康体の時にこそ、がん封じ祈祷しておくことへの大切さが身にしみるかと存じます。

癌になってからでは遅いとまでは申しませんが、少なくとも癌になってから「がん封じ」するよりも、癌になる前から「がん封じ」しておく方が、より効果的であることは言うまでも御座いません。

今や癌は若い人でも患う病に御座いますが、ある程度の年齢を迎えた人は、月に1度でも半年に1度でも1年に1度でも良いので、がん封じ祈祷は行っておくこと推奨します。

合掌

+3
健康の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました