泉先生の不思議なお話13-竹のつるに、絡んで登るきゅうり

きゅうり
この記事は約3分で読めます。

このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎先生と聖天様のお話です。

小坊主
小坊主
前回はこんな人が神仏様はお好きというお話だったけど覚えてる?
泉先生の不思議なお話12-取り越し苦労はやめて
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...
男性
男性
もちろん!本日のお話は?
小坊主
小坊主
きゅうりのお話!

泉先生、不思議なお話13

竹のつるに、絡んで登るきゅうり

小坊主
小坊主
八栗聖天様へ大勢で、いつもの様に、泉先生をお供してのおまいり。
小坊主
小坊主
先生は、いつも草鞋履きで徒歩なんだ。
小坊主
小坊主
そして、先生はサッサと歩かれるんだって。
小坊主
小坊主
そんなあるとき、
小坊主
小坊主
竹に絡んで、ぶら下がっているきゅうりに心惹かれた一人の信者が、
村木さん
信者さん
「先生、信仰はあんなものでしょうか?」
村木さん
信者さん
「あのきゅうり、神さんという竹にしっかりと絡みついている。」
村木さん
信者さん
「あの竹がなかったり、もししあっても、きゅうりがそれを頼りにせなんだら、大きく育ちもせず実はなりもしますまいなぁ。」
小坊主
小坊主
先生は微笑んで、
泉先生
泉先生
「まぁ、そんなもんじゃなぁ。」
泉先生
泉先生
「ただ、竹に絡むだけでは、不十分じゃなぁ。」
泉先生
泉先生
「それだけでは神さんもしんどいなぁ。」
泉先生
泉先生
「助けようと待って居られるのではあるが、こちらからも、うんと精を出して、せっせと登らにゃ。」
泉先生
泉先生
「毎日、功徳という大きい根をはりながらなぁ。」
泉先生
泉先生
「頼んでばかりおると、お陰がうすい。」
小坊主
小坊主
と言われたんだって。
男性
男性
そうか、助けようと思って居られても、ただ、お願いするだけで、努力もしないで、助けてくれるわけではないんですよね。
小坊主
小坊主
そういう事。
小坊主
小坊主
まだ、願いが叶わない、そう思うなら、もう一度、
小坊主
小坊主
努力は足りているか、
小坊主
小坊主
努力の方向が間違っていないか、
小坊主
小坊主
そもそも、願い方はあっているのか
小坊主
小坊主
などなど、考えてみる時間が必要かもしれないね。
小坊主
小坊主
考えた上で、自分の中で大丈夫と思えるなら、信じて時期を待っていれば叶う!
男性
男性
はい!!
小坊主
小坊主
今回のお話はここまで。
小坊主
小坊主
では、次もお楽しみに~

合掌

次→

泉先生の不思議なお話14-あまがえる、とまった処の色にすぐ変わる
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...

←前

泉先生の不思議なお話12-取り越し苦労はやめて
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...
+3
聖天様と泉庄太郎

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。当方で選んだ質問や相談のみブログにして返信します。必ず返信が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は無料相談を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました