***お知らせ***
2020年9月15日

聖天様の神具仏具を購入で楽天ポイント50%還元キャンペーン:2020年09月27日(日)23:59まで。

キャンペーン確認▶
聖天様の商品確認▶

 

2020年9月12日

皆様が自宅で出来る聖天様ご祈祷済み祈願蝋燭お取り扱い開始しました。

サイトはコチラ▶
ラクマはコチラ▶

 

悪縁による悪しき因果応報を避ける方法

悪縁切り:縁切り:ご縁縁と御利益
縁と御利益
この記事は約3分で読めます。

聖天様専用商品バナー

※叶えたい願いある人▶
※知りたい未来ある人▶

聖夫婦

聖天様と聖天信者様は御縁です。そして人間同士もまた御縁です。しかしこの人間同士の御縁には、良縁と悪縁が存在します。全てが良縁になることが理想なのですが、理想通りに行かないのが世の常に御座います。

良縁の場合は何ら問題ないかと思いますが、問題あるのは悪縁です。悪縁相手に対する意識と行動により、其れ相応の報いを受ける因果応報は結果と言えます。

一言で悪縁と言っても、様々な関係があるかと存じますが、端的に言えば嫌いな相手です。(笑)悪縁だから嫌いなのか、嫌いだから悪縁なのか、これを言い出せば「鶏が先か卵が先か」という、お話になりますので避けますが、悪縁相手のことが好きだという人は、先ず居ないかと存じます。

学校や職場など、この世は人と人とが関わり合い成り立っています。その中で良縁あれば悪縁あること必然であり、この悪縁相手との接し方といいますか、その悪縁相手に対する意識と行動により、自ら因果応報による悪しき報いを受ける場合が御座います。

これまた人間の常として、悪縁と言える嫌いな相手に対しては、何事にも否定的になりやすいです。とにかく悪縁と言える嫌いな相手のやることなすこと全てが気に入らなく感じ否定的になります。そしてその否定的な意識から悪しき行動が生まれます。

悪しき行動と言っても様々ですが、例えば相手に悪口を言ったり、相手の陰口を言ったり、何らかのハラスメントしたり、イジメたり、とにかく悪縁と言える嫌いな相手に対しては、それを表に出すか裏で出すかは別にして悪しき行動します。

自分が嫌いな相手は、その相手も自分が嫌いである場合が多いが故に、お互いに悪しき行動すれば、やがて喧嘩になります。(笑)

悪縁と言える嫌いな相手に対しての悪しき行動は、相手の嫌がる行動である場合が多いです。良縁であろうが悪縁であろうが相手の嫌がる行動して良いことなど御座いません。とくに聖天様は喜びの神様であるが故に、聖天様を信仰する者は、相手を喜ばせても、相手の嫌がる行動は、しないことです。

もちろん人間ですから、知らずと相手の嫌がる行動をしてしまう時がありますし、自分では悪い意識なく相手の嫌がることをしてしまう時もあります。しかし、故意に相手の嫌がることをしないことです。少なくとも故意に相手の嫌がることすれば、いずれ因果応報により自分に嫌なことが起こります。この報いから逃げることは出来ません。

そうは言っても「悪縁と言える嫌いな相手に対し、喜ばせることなど出来ません!」というのも人間の常です。悪縁と言える嫌いな相手に対しては、どうしても否定的な意識が芽生えるが故に、相手が喜ばない、相手が嫌がる行動が生まれます。

悪縁と言える嫌いな相手に対し否定的であるが故に、悪しき意識しか芽生えず、悪しき行動しか生まれないが故に受ける因果応報を、どうやって回避すれば良いのでしょうか。

それは簡単です。悪縁と言える嫌いな相手に対しては、悪しき意識が芽生えぬように、何事もスルーすれば良いのです。無視すると言えば聞こえが悪いですが、とにかく嫌いなら関わり合わないことです。関わり合わず意識から消滅すれば、悪しき行動など生まれませんので、因果応報による悪しき報いを受けることも御座いません。

しかし、怖いもの見たさじゃないですが、嫌いな相手だからこそ執着してしまう人が多いのも確かです。また、何らかの悪霊が憑依している人間は、必ず嫌いな相手に執着します。そして其れ相応の報いを受けるのです。

職場など、どうしても嫌いな相手と関わり合わないとならない環境であり、意識から消すことが非常に困難である場合も多いですが、出来る限り自分の意識から消すことです。また、自分から関わり合わなければ済む環境にある相手である場合は、もう二度と近寄らず関わり合わないことです。

悪縁は悪しき結果が起こる前に必ず切るべしです。
それが相手の為でもあり、自分の為でもあります。

合掌
執筆者:聖パパ