(天部・神)摩睺羅伽:まごらか

摩?羅伽
この記事は約1分で読めます。

摩睺羅伽(まごらか)

天部に位置し仏法を守護する護法善神の八部衆には、天衆、龍衆、夜叉衆、乾闥婆衆、阿修羅衆、迦楼羅衆、緊那羅衆、摩睺羅伽衆がいます。
今回はそんな中から摩睺羅伽(まごらか)のご紹介です。

天部の神とは
天部は天界に住む者の総称で、古いインド神話の神々などの仏教以外の神が仏教に取り入れられて護法神となったものだと言われています。

摩睺羅伽とは

観音経(観世音菩薩普門品第二十五)の中にも登場します。
摩睺羅伽(まごらか)は帝釈天の眷属の音楽神と言われています。腹ばいで進んでいく大蛇を神格化したものだと考えられているそうです。人身蛇頭で音楽を司る神と考えられているため、蛇の冠をつけ、琵琶や横笛を吹いたり小鼓をうったりしている姿で描かれることが多いです。

八部衆とは…
仏法を守護する八神で、天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽の八部衆。この八神は仏教以前、古代インドの鬼神・戦闘神・音楽神・動物神などです。後に仏教に帰依し、仏の弟子となって護法を誓い、善神となりました。

                

摩睺羅伽(まごらか)の真言

なも。さんまんた。ぼだなん。ぎゃららん。ぎゃららん。

摩睺羅伽像(まごらか)で有名寺院

奈良県:興福寺

合掌
執筆者:聖ママ

0
天部

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました