功を奏する祈願

合掌し祈願する人々
この記事は約3分で読めます。

この世には積極的な人と消極的な人がいます。仕事でも恋愛でも信仰でも同じだと言えますが、消極的な人より積極的な人のほうが成功しやすいこと言うまでもないことです。

これより書き記す「祈願」には「信仰」という意味も込めますので宜しくお願い致します。

聖天様からご縁を授かり、聖天様を信仰すること許され、聖天様を信仰する人々の中にも、祈願に積極的な人がいれば祈願に消極的な人もいます。といいますか、聖天様に限らず神仏様に祈願する人は、消極的な人の方が多いかなとも感じます。

しかしながら聖天様に願い叶う人の多くは積極的であると言え、消極的な祈願は願い叶い難し、積極的な祈願こそが願い叶う秘訣だと存じます。

性格でする祈願

人それぞれ性格というものがあります。積極的か消極的か、これまた性格であるとも言えます。しかし、仕事も同じですが、祈願も性格で行わない方が良いです。

如何なる性格であろうが「やるべきことはやる」という積極的であることが大切だと言えます。消極的な性格であっても関係なく、聖天様に願い叶えて欲しいなら積極的に祈願することです。

参拝

例えば参拝して祈願するなら、「明日に行こう」「来週に行こう」「来月に行こう」ではなく、もっと積極的に「今行こう」「行ける限り行こう」という意識と行動が結果的に功を奏します。

お札

例えば聖天様のお札を授かり、自宅で毎日朝夕に祈願するなら、「合掌して挨拶だけにしよう」「ご真言だけ唱えて終わろう」という消極的な意識と行動ではなくて、もっともっと積極的に「読経しよう」「御供しよう」という意識と行動が結果的に功を奏します。

ご祈祷

例えば聖天様へご祈祷を依頼するなら、「1日だけにしよう」「1回だけにしよう」ではなく、「1日でも多くしよう」「出来る限りはしよう」というように、出来る範囲内で積極的に行なう意識と行動が結果的に功を奏します。

消極的な祈願

あなたが誰かに何かを頼まれた時、頻繁に手土産など何かを持参して積極的に頼んで来る人と、一通の手紙だけで消極的に頼んで来る人と、どちらの頼みを聞いてあげようと思いますか?

人に会うのは苦手、人と話すのは苦手、お手紙やメールが良い。こんな性格であったとしても、性格で消極的な行動はせずに、一通の手紙やメールより、何か手土産を持参して、頻繁に頼みに行き、相手に直接会い、積極的に頼む方が相手も聞いてくれる。これ世の常であり人の常です。

聖天様を信仰するのに「無理しなくて良い」という言葉を実際に聞かれた人は多いと存じます。よく寺院でも言われることですし私も言います。しかし「無理しなくて良い」という言葉に甘える人がいますが、これでは願い叶い難しです。

無理しなくても良いという意味は、楽して良いとか、怠って良いという意味では御座いません。無理しなくても良いが、出来る限りの努力精進は、自ら積極的に行う方が良いという意味です。

願い叶えたいなら、消極的にならず、積極的に祈願された方が功を奏します。

下心ある祈願

聖天様は人間の為を思い願いを叶えて下さいます。つまりは祈願する人間も、願い叶えてもらう自分の為に何かをするのではなく、世のために人のために聖天様の為に何かするという気持ちが大切であると言えるのではないでしょうか。

お菓子を持参し頼みに来るも下心が見え見えな人と、「美味しいので召し上がって頂きたい」と純粋な気持ちで持参し頼みにくる人と、どちらの頼みを聞いてあげようとしますか?

自分の為の下心ある祈願より、聖天様を大切に思う気持ちが、結果的に功を奏します。

御供物一つにしても、見返りを求める心では、いくら高価な物を御供しようとご利益なしです。一方で、聖天様を大切に思う気持ちでする御供は、安価な物であっても喜ばれご利益ありです。

聖天様は人間の心を全てお見通しです。

合掌
執筆者:聖パパ

0
祈願と御礼

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました