***お知らせ***

只今お知らせは御座いません。合掌

 

どん底の人間が這い上がり頂点の人間が奈落の底へ落ちる自業自得の理由

奈落の底へ落ちる奇跡と神託
奇跡と神託
この記事は約2分で読めます。

聖天様専用商品バナー

※聖天様に願いたい?▶
※聖天様に聞きたい?▶
※無料で相談したい?▶

聖夫婦ブログ

どん底の人間は這い上がり、頂点の人間が奈落の底へ落ちる。その理由は多々あれど、自業自得とも言える、意識的な理由を書き記したいと存じます。

もちろん、どん底の人間が全て這い上がるわけでは御座いませんし、頂点の人間が全て奈落の底へ落ちるわけでも御座いません。どちらかと言えば、どん底の少数の人間が這い上がり、頂点の多数の人間が奈落の底へ落ちるように思います。

どん底から這い上がる人間

どん底から這い上がる人間は、「溺れる者は藁をも掴む」という言葉の如く、とにかく必死です。その必死さから、少しでも可能性があることは、何でも全力で取り組みますし、そこにあるのは必ず這い上がるという堅い決心と希望だけです。

もう後がない崖っぷちであるが故に、何もしなければ落ちるのみ。だから少しでも可能性があれば、その可能性を少しも疑わず、一生懸命にやり遂げます。

また、どん底から這い上がる人間は、最後の最後まで絶対に諦めたりしませんし、とても素直で謙虚です。天の導きを素直に聞き入れ建設的に受け入れますし、良い助言に対しても可能性を感じたら実行します。希望とも言える建設的な意識と行動から奇跡が生まれ、どん底から這い上がることが出来るのです。

奇跡とは、常に崖っぷちで起こるものであり、崖っぷちで起こるからこそ奇跡と言うのです。

頂点から奈落の底へ落ちる人間

頂点から奈落の底へ落ちる人間には、少なからず「驕り高ぶる」心と言いますか意識が御座います。どん底にいる時は、素直に謙虚に必死に可能性を追いかけますが、頂点に登れば登るほど油断し、驕り高ぶる心が芽生え、素直さや謙虚さをも失います。

まだ自分自身で自分を見つめ、驕り高ぶる心に気づけば良いのですが、奈落の底へ落ちる人間は気付きません。この驕り高ぶる心による因果応報は、避けることが出来ません。

いつまでも頂点に君臨する人間は、最も恐れるべきことは、自らの「驕り高ぶる」心であることを知っています。

どん底から天に聖天様に救ってもらった人間も、いざ自分が頂点に登れば、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」が如く、あたかも自分の力で這い上がったかのように過信し、結果的に禍を招いて、奈落の底へと落ちて行くのです。

禍は、忘れた頃にやって来ます。そして気が付いた時は既に遅しであり自業自得に御座います。

更には、どん底から聖天様に救われるも、驕り高ぶる意識となれば、聖天様から見離されます。

合掌
執筆者:聖パパ