泉先生遂に山へ③

仲間
この記事は約4分で読めます。

このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎先生と聖天様のお話です。

小坊主
小坊主
前回は秋になったら山へ入るというお話だったけど覚えてる?
泉先生遂に山へ②
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...
女性
女性
もちろん!本日のお話は?
小坊主
小坊主
泉先生遂に山へ③のお話!

泉先生遂に山へ

助け助かる道は?

村木さん
村木さん
拝んで人助けをする。
村木さん
村木さん
拝んでもらって、おくじを頂いて、助かろうとする。
村木さん
村木さん
それはそれとしておいて、拝むということにとらわれないで、助け助かる道は、まだ他にある。
村木さん
村木さん
却って、それが、人の身の上に大切なのである。
村木さん
村木さん
先生はそこへ、ちゃんと目をつけて、それとなく、実行して居られた。
村木さん
村木さん
というと、窮屈に聞こえるであろうが、私はそう見て居った。
村木さん
村木さん
だから、私は、後になっては、拝む先生ばかりでなく、
村木さん
村木さん
お炬燵で四方山話をする先生、
村木さん
村木さん
おまいりする先生、
村木さん
村木さん
お食事中の先生、
村木さん
村木さん
—-こうして先生のあけくれに、心を留めるようになった。
小坊主
小坊主
と村木さんは言っているよ。
女性
女性
泉先生は、拝む力は、聖天様から授かったお力ですから、言うまでもなく、お話で人を癒やすお力も大きかったのでしょうね。
小坊主
小坊主
本当だね。

すらすらと運ばれる、先生の御日常妙味

村木さん
村木さん
そうすると、すらすらと、はこばれる先生の御日常に、
村木さん
村木さん
なんとも言えぬ味があって、
村木さん
村木さん
気楽になる道、
村木さん
村木さん
助かる法を、
村木さん
村木さん
無造作に刻々、お示し下さって居る様な心地がした。

沖野彦十郎はん

小坊主
小坊主
へらこい沖野はんで既に登場している沖野さん
泉先生の不思議なお話15-へらこい沖野はん
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...
小坊主
小坊主
沖野彦十郎はんは、村木さんより3つ年上で、村木さんの幼馴染なんだ。
小坊主
小坊主
その沖野はんは、村木さんより約1年遅れて、しつこい胃の患いを治して頂こうと、先生の処へ伺ったんだったよね。
女性
女性
はい、殆ど、40日間、だんまりこくって、毎日朝から夜更けまで、先生の処へ、宿から通われたということですよね。
女性
女性
そこで先生に、「沖野はんはへらこいなぁ。」と言われたんでしたね!
小坊主
小坊主
そうだったね。
小坊主
小坊主
沖野さんと、龍野さんと村木さんの3人は泉先生を中心にして、とても強い縁で結ばれていたんだね。
女性
女性
そうでしたね。沖野さんと、龍野さんと村木さんの3人はいつも一緒と本に書かかれてましたね。
小坊主
小坊主
沖野さんは、先生の処へ通っていた時のことを、
小坊主
小坊主
「芝居を見るよりも、面白かった。そして、たまらなく、たましいを引かれた。」
小坊主
小坊主
とよく思い出として語られていたらしいよ。
小坊主
小坊主
その言葉から、泉先生が中心となって、醸し出された、あの伊勢町にあった、神宿の空気を察することができるね。
小坊主
小坊主
今回のお話はここまで。
小坊主
小坊主
では、次もお楽しみに~

合掌

←前

泉先生遂に山へ②
このお話は、村木 幸次郎さんが泉庄太郎先生の伝記をまとめられた『泉聖天尊』より 抜粋引用した泉庄太郎...
+3
聖天様と泉庄太郎

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました