聖夫婦から読者様へプレゼント企画実施中!▶確認する◀

好調か不調か、信心の変化

change:チェンジ
この記事は約2分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

聖夫婦から読者様へ感謝のプレゼント

聖天様に何らかの願い事をして、その願い事が叶う方向に進んでいるという好調な時と、その願いが叶わない方向に進んでいるという不調な時と、その信心に変化が見られることが多いです。

はたして、どのように変化するのでしょうか。

皆様は、どのように変化すると思われますか?

皆様なら、どのように変化しますか?

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

好調な時の信心

信心とは、信仰する心を意味しますが、信じる心を意味するとも言えます。

聖天信仰の心得十二条にも『ご利益を少しも疑わず』という教えが御座います通り、聖天様に少しでも疑いあれば、願い叶い難しです。

聖天様に何かを願い、その願いが叶う、良い方向へ向かっている時は、ほぼ万人が、聖天様に対し何の疑いも抱かないと存じます。

逆に「やっぱり聖天様だ!」とか「聖天様の御利益は凄い!」など、その聖天様の御利益を疑うことは無いでしょう。

しかし、これは当たり前の話であり、肝心なのは、次の不調な時に疑うのか否かということです。

不調な時の信心

自分自身の願いが好調な時は、誰もが聖天様の御利益を疑うことないと存じますが、自分自身の願いが不調な時や、好転していたのが一転不調に陥った時、聖天様の御利益に疑いを抱く人間が出てきます。

これが、好調か不調かによって変わる、信心の変化です。

そして、その多くの場合が、『好調=信じる』であり、『不調=疑う』なのです。

本来の正しい信心

本来の正しい信心としては、好調であれ不調であれ、何ら変わらず聖天様を信じることであると言えますが、仮に変わるとしても、それは好調な時に信じ、不調な時に疑うのでは無く、好調な時に信じ、不調な時こそ更に信じるものに御座います。

もし、願いが叶う方向に進み好調なら、決して油断しないことです。

もし、願いが叶わない方向に進み不調なら、更に信心することです。

例え状況が厳しいとしても、少しも聖天様の御利益を疑わず、今できること怠らず、一生懸命に努力精進すれば、聖天様が必ず願い叶えて下さると存じます。

好調な時に信じるは当たり前、不調な時こそ信じるべきに存じます。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

意識と行動

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への相談でも良いです。ご相談内容が他の読者様にも役立ちそうな場合など、ブログや動画の題材にさせて頂く場合が御座いますので宜しくお願い致します。合掌

タイトルとURLをコピーしました