お釈迦様は王子様

釈迦如来様
この記事は約4分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

小坊主
小坊主

仏教には様々な宗派があり、その宗派の数だけ開祖が存在するのですが、そもそも仏教の開祖は誰なのか、ご存知ですか?

男性
男性

お釈迦様ですよね?

小坊主
小坊主

その通りです。
これ誰もが知っている通り、仏教の開祖は『お釈迦様』です。

男性
男性

お釈迦様は実在していたのですよね?

小坊主
小坊主

はい、お釈迦様は実在していました。

男性
男性

実在していたと知った時は驚きました。

小坊主
小坊主

仏教を信仰する人で、お釈迦様を知らないという仏教信者様は、いらっしゃらないかと存じますが、今回お釈迦様について少し話してみたいと思います。

 

男性
男性

ヨロシクおねがいします!

小坊主
小坊主

昔々の大昔、もう紀元前5世紀頃の話ですが、ヒマラヤ山脈の麓に『カピラヴァストゥ』という『釈迦族(シャーキャ族)』の都が存在しました。

 

男性
男性

今で言うと、どの辺りですか?

小坊主
小坊主

具体的な場所としては、現在のインドとネパールの、国境付近に位置する小国でした。

小坊主
小坊主

その釈迦族の王子様として生まれたのが『ガウタマ・シッダールタ』であり、後のお釈迦様です。

 

男性
男性

お釈迦様って、王子様だったのですか?

小坊主
小坊主

はい、小国とは言えど、お釈迦様は一国の王子様でした。

男性
男性

それは知りませんでした。

小坊主
小坊主

お釈迦様は生まれてすぐに母親を亡くされましたが、叔母様のもとで王子様として豪華な宮殿で何不自由の無い環境下で育ちました。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

男性
男性

羨ましい!
私も、王子様で生まれたかったです!

小坊主
小坊主

生まれながらに人間離れしていたのか、お釈迦様は『世での人間の苦しみ』について、強い意識が芽生えました。

男性
男性

凄いですね。
私なら贅沢三昧の、わがまま王子になっていたと思います。

小坊主
小坊主

ある日のこと、お釈迦様は、お城の外へ出ました。

男性
男性

わぁー、楽しそうですね!

小坊主
小坊主

お釈迦様は、多くに人々に出会い『人間は年老いたり病気になったり死ぬことを避けることは出来ない』と知りました。

男性
男性

もはや学ぶことが別格ですね。

小坊主
小坊主

お釈迦様は王子様として生まれたにも関わらず出家しました。

男性
男性

えー!
せっかく王子様として生まれたのに・・・

小坊主
小坊主

出家してから、インドにあるマガダ国に行き、師のもとで修行しましたが、満足できずに離れ、他の修行者と一緒に苦行を始めました。

男性
男性

お釈迦様って、人間であって人間じゃないですね。

小坊主
小坊主

それでも求める『さとり』を得ることができず、深い瞑想に入ったのです。

男性
男性

瞑想ですか?

小坊主
小坊主

そして遂に『さとり』を得たのです。

男性
男性

凄い!

小坊主
小坊主

すると、お釈迦様のところに神様が現れ「さとりを世の人々に伝えて欲しい」と言われたのですが、理解してもらうことは難しいと思いながらも、お釈迦様は決意し、教えを説くうちに、弟子も増え、仏教というものが出来上がったのです。

 

男性
男性

少なくとも私には理解できない世界ですね。

小坊主
小坊主

それからも多くの年数が経ち、自らの命も僅かと悟り、静かに横たわり、悲しむ弟子たちを前に最後の言葉をかけ、生涯を閉じたのです。

男性
男性

お釈迦様って、人間に生まれたけど、人間じゃなかったのでしょうか。

小坊主
小坊主

そうですね。
人間が仏様になったのか、仏様が人間に生まれたのか、これ言い出せば『鶏が先か、卵が先か』という話になりますが、我々人間には知ることが出来ないことですね。

 

男性
男性

どちらにしても凄いです。

小坊主
小坊主

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

如来

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました