聖天様(歓喜天)にボジョレーヌーボー

この記事は約2分で読めます。

毎年11月の第3木曜日は「ボジョレーヌーボー」の解禁日です♡

聖パパに今年も聖天様(歓喜天)から催促のお告げがあったということで、解禁日である11月15日に聖天様(歓喜天)に、『ボジョレーヌーボー』を御供しました!

実は聖天様(歓喜天)はワイン好きなんですよ♡

ボジョレーヌーボーの意味

“ボジョレー”というのは、あのワインで有名なフランス・パリ東南に位置する、ブルゴーニュ地方南部ボジョレー地区のことを指します。

“ヌーボー”というのは、フランス語で“新しい”という意味なんですね。

だから『ボジョレーヌーボー』は、ボジョレー地区で、その年に収穫したぶどうからつくられる新酒を指します。『ボジョレーヌーボー』好きの日本では毎年お祭り騒ぎですよねw

ちなみにのワインに使われるぶどうの品種は「ガメイ」限定らしいです。

ガメイ種の特徴

ボジョレーヌーボーの原料でもあるガメイ種は、世界の中でも60%がボジョレー地区で栽培されていると言われています。

ガメイ種はイチゴやラズベリーのような華やかな香りが特徴で、タンニン(渋み)が少なく比較的飲みやすいと言われています。

軽く冷やして飲むのがオススメです!

ボジョレーヌーボー2

ボジョレーヌーボーはシーフードや脂の少ない肉、サラダ、さっぱりめのチーズなどが合うといわれます。ブルーチーズなどの臭いが強いチーズとは相性が合わないと言われる方も多いのだとか..。

聖天様(歓喜天)に御供した後のお下がりは合う料理と一緒に、楽しく美味しく頂きましょう♡

皆様も、是非聖天様(歓喜天)にボジョレー・ヌーボーを御供してみてはいかがでしょうか?

合掌
執筆者:聖ママ

0
作法と心得

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました