【願い叶うか否か】憎しまないようにする

憎しみ
この記事は約3分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

前回は心の三毒の『じん』の「怒り」についてのお話でしたが、今回は『じん』のなかの「憎しみ」についてのお話です。

「心の三毒」
とん:むさぼり・必要以上に求める心
じん:怒り・憎しみ・妬みの心
:おろかさ・愚痴・無知

じんは、怒り・憎しみ・妬みの心ですね。今回はその中でも『憎しむ』ことをやめましょう、というお話です。

どんな時に憎しみという感情が生まれて来るのでしょうか?

「憎い」という感情は、「いやな相手として、相手のことが気に入らない」とか、「相手のことが気に入らないので、相手に何か悪いことが起こればいいと思うほどに嫌っている」という感情です。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

「憎い」という感情が芽生える

「憎い」と思うには必ずそこに対象となる相手が存在します。

そして、相手をなぜ「憎い」と思うのか。必ずそこには何らかの原因が存在します。

全くの初対面の方に対して『憎い』という感情が芽生えることはまずありません。

『憎い』という感情が芽生えるには前回お話した貪瞋痴のじんの”怒り”が関係してきます。

「憎い」は「怒り」の進化系

怒りの感情というのは、本当に厄介な感情です。
しかも、自然と湧き上がる感情だといえます。

まずは、カッとくる「怒り」の感情をなるべく持たない人を目指したいものです。
と、口で言うことは簡単ですが、なかなか難しいと思います。だって、自然と湧き上がる感情なのですから。

しかし、感情に流され、そのままその「怒り」を表に出す、相手にぶつけることは、じんの「怒り」に当てはまりますからやめましょう。

しかしながら「怒る」ことを一切せず、溜め込んでしまうと、間違いなくその「怒り」が、「憎しみ」に進化して、暇があると報復ばかりを考えてしまう…そんな状況は、聖天様の意に沿う生き方とは言えません。

でも、怒ってはいけない。
では、どうすればいいのか…

怒ってその状況を変えることが出来るのなら、その場は「怒る」必要があると言えます。

ただ、先程も言いましたが感情的に怒ることはじんの「怒り」に当てはまりますから、してはいけません。

冷静に判断して、「怒り」をプラスのエネルギーに転じ、建設的に怒るのです。
この場合の「怒る」は、『その状況を、良き方向へ変える手段』と言い換えることが出来ると思います。

この場合、「怒る」=「その状況を、良き方向へ変える手段」を使ってその状況を変えることが出来たなら、スッキリしているはずですので、「怒り」が「憎しみ」に進化することは無いと思われます。

次に、怒っても何も変わらないとあなたが判断したなら、その「怒り」は、抑えて下さい。相手にぶつけてはいけません。封じ込めるのです。

しかし、そうやって「怒り」をどんどんと溜め込んでしまうと、やはり「怒り」は「憎しみ」や「恨み」といった、より強い感情へと進化していくので…本当にとても厄介な感情といえます。

怒れなかった、不完全燃焼の、抑制した「怒り」を「憎しみ」や「恨み」に進化させないように、上手にリセットする必要があります。

毎晩眠れないほどの「怒り」を抱えてもんもんとすることは精神衛生上もよくない状態です。

もちろんそんな状況は、聖天様の意に沿う生き方とは言えません。

これには、前回の「怒り」同様”人害消滅””悪縁切り”などのご祈祷が効果的です。

自分にとって良くない人間関係を断ち切る。リセットです。

自分で解決出来ないことは、聖天様に頼るべきです。

そして、スッキリとして自分のやりたいことにフォーカスする。これが一番です。

そんな前向きな生き方が聖天様の意に沿う生き方であり、願いが叶う、叶えて頂ける生き方であると言えます。

私達聖夫婦にも頼って下さい。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

人間の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました