聖天様(歓喜天)へ参拝中に天気が変わる

禊の雨
この記事は約5分で読めます。

参拝途中に急に天気が変わることってありますよね…

晴れていたのに急に雨とか降ると「ついてないな…」なんて思ってませんか?
それ全く真逆です。

参拝中、天気が変わるのは…

参拝中の雨は『禊(みそぎ)の雨』

参拝中、突然雨が降る事を『禊(みそぎ)の雨』と言います。

神様があなたを喜んで迎えてくれている証です。

特に参拝中だけ雨、又は天気がコロコロ変わるなども良いとされています。

禊(みそぎ)とは

「禊(みそぎ)」とは、「水そそぎ」の略です。

穢れ(けがれ)を水で洗い流す儀式を「禊(みそぎ)」と言います。

「国生みと黄泉の国のシーン」

「禊(みそぎ)」は最古の書物である『日本書紀』『古事記』に出てきます。

有名な「国生みと黄泉の国のシーン」…

イザナギ(夫)とイザナミ(妻)が日本の島々やいろいろな神々を産みます。

最後に、火の神を産んだとき、イザナミ(妻)は陰部を焼かれて亡くなってしまいます。

イザナギ(夫)は亡くなってしまった愛しいイザナミ(妻)に会いたくて会いたくて…
行かなきゃいいのに「黄泉の国」へ行ってしまいます。

”見るなの禁”を犯してまでイザナミ(妻)に会いに来たイザナギ(夫)でしたが、黄泉の国で愛しい妻..イザナミの姿を見て…イザナギ(夫)は大変驚きます。

あの美しかったイザナミ(妻)の姿はもうそこにはありませんでした。
…イザナミ(妻)の姿は..腐乱し、ウジが湧き、おぞましい姿に変貌していました。

その姿を見て..なんとイザナギ(夫)は恐れおののき、全速力で逃げ出してしまいます。

勝手に禁を犯し、黄泉の国まで来たくせに、こんな姿になった自分を見て逃げ出したイザナギ(夫)を、”恥をかかされた”と怒ったイザナミ(妻)が追いかけます。

追いかけられたイザナギ(夫)は,「千人所引の磐石(ちびきのいわ)」=千人かかってやっと引けるような巨大な岩で、黄泉比良坂(よもつひらさか)の「坂路」を塞ぎます。

黄泉比良坂(よもつひらさか)とは生者の住む現世と死者の住む他界(黄泉)との境目にあるとされる坂のことです。

イザナミ(妻)が二度とこちらの世界(=現世)に来れないように黄泉の国の出入り口を塞いだのです。

そして、「千人所引の磐石(ちびきのいわ)」を挟んでイザナギ(夫)はイザナミ(妻)に「ことど」を渡して追い返します。
※「ことど」を渡すとは、絶妻之誓建す(ことどわたす)と書き、離婚を言い渡すことです。

イザナギ(夫)に黄泉比良坂(よもつひらさか)を塞がれ、「ことど」を渡されたイザナミ(妻)が、「そんなことをするなら、私はあなたの国の人間を一日に千人絞め殺してやりましょう」と呪詛の言葉を吐きます。

するとイザナギは「それなら私は一日に千五百の産屋を建てよう=それなら私は一日に千五百人新たに人間を産もう」と返したんだとか。

これが人が一日に千人の人が亡くなり、千五百人生まれる所以らしい。

なんとか黄泉の国から逃げ帰ったイザナギ(夫)は、「醜い汚い国へ足を踏み入れてしまったから禊(みそぎ)をして体を清めよう」といって、日向で禊(みそぎ)を行った。

黄泉の国の穢れ(けがれ)を禊(みそぎ)という儀式により洗い流したという、そんなお話です。

ちなみにこの禊により、沢山の神様が現れます。

そして禊(みそぎ)により体を清めたイザナギは最後に顔を洗います。

左目を洗った時に『天照大御神(アマテラス)』
右目を洗った時に『月読命(ツクヨミ)』
鼻を洗った時に『須佐之男命(スサノオ)』

が誕生します!!
皆様もきっと知っている有名な神様は、このようにして誕生したと言われています。

それにしても…神話なので、もっと、美しい愛の物語なのかと思いきや、まさかのお話で、初めて見た時は驚きました。

だって、亡くなった愛しい妻を追いかけて黄泉の国まで行ったのだから、例えウジが湧こうが、腐乱しようが、抱きしめて…という愛のクライマックスを思い描くのは私だけでしょうか…

神様にご挨拶する前の禊(みそぎ)

…禊(みそぎ)の神話はどうあれ、神様にご挨拶する前は、手水舎で手と口を清めます。これも禊(みそぎ)です。

ご自宅でお勤めする前も、キチンと手と口を清めてからご挨拶しましょう。

もちろん沐浴してからお勤めすることができればそれがBestです!
※沐浴とは髪・体を洗い清めることです。

現世で生きると言うことは穢れ(けがれ)て生きていると言っても過言ではありません。

植物も動物も生きています。人はその命を頂いて生きているからです。

穢れ(けがれ)を禊(みそぎ)で洗い流し、聖天様(歓喜天)にお勤めしましょう。

聖夫婦参拝エピソード

『禊の雨』体験も多い聖夫婦です(笑)

参拝中、聖天様(歓喜天)にご挨拶している途中で急に雨が…どしゃ降り…
”雨だ..”と思いながらゆっくり拝ませて頂き、聖天様(歓喜天)へのご挨拶が終わると…雨が止み、外に出ると晴れている。

ということや…

逆に天気予報にはない雨が降り出したり。

ということや…

禊の雨ではありませんが…
聖天様(歓喜天)に会いに行く途中で急に濃霧が発生!
山道をノロノロと安全運転でようやく到着…。

すると…

そこはまるで神々が集う場所…濃霧で鳥居が雲の中に浮かび上がって..本当に幻想的で夢の様な美しい景色が広がっていました。

とにかくそんな事がよく起こります。

ちなみに、この日に聖天様(歓喜天)に会いに行こう!と決めていた日は雨がどしゃ降りでも行きます。どちらかと言うとテンション上がります。

なぜテンションが上がるのか…それは…
聖天様(歓喜天)が、「人を祓っておいたからゆっくり拝みなさい」と言わんばかりの雨だな..と考えるので、テンションが上がるのです。

実際、とても混んでいる日でも、聖夫婦が拝殿に入ると…人が急にいなくなり、ゆっくりと拝ませて頂き、拝殿を出た途端、人が沢山拝殿に入って行かれる…ということも多かったりします!!聖天様(歓喜天)に感謝ですね!!

合掌
執筆者:聖ママ

0
助言と忠告

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました