壁に釘・ネジ・画鋲!ちょっと待った!それ危険です!

ドリルと壁
この記事は約2分で読めます。

壁に耳あり障子に目あり

カレンダーや時計など、壁に何かを設置する為に、釘やネジや画鋲を打つことありますよね。

それが凄く危険なことだと知っていましたか?

安易に壁へ釘を打ち失明した事例も御座います。

何故か?

実は「壁に耳あり障子に目あり」ではないですが、神様がいらっしゃる方角の壁があるのです。

つまり、神様が居る方角の壁に向かって釘を打ったり、ネジを打ち込んだり、画鋲を突き刺したりしたら危険だという意味です。

よって、壁に釘やネジや画鋲など打ち込む時は、その壁の方角に神様が居るか否か確認してから、打ち込むようにして下さい。

神様の存在を確認する方法

今から説明しますので覚えて下さいね。

神様が居る方角か否か知る為に2つことを確認します。

東西南北

先ず確認して頂きたいのは方角、つまり東西南北です。

釘やネジや画鋲など打ち込みたい壁は、東側の壁ですか?南側の壁ですか?西側の壁ですか?北側の壁ですか?

旧暦

次に旧暦を確認します。

壁に釘やネジや画鋲など打ち込みたい日は、旧暦の何日ですか?

教えて!
教えて!

旧暦って何ですか?

旧暦とは昔使われていた暦法のことですが、説明しだすと長くなりますので、今回は手っ取り早く「旧暦 早見表」と検索し、何れかのサイトで確認して下さい。

例えば・・・

本日は2018年6月27日です。

そして、本日の旧暦は2018年5月14日です。

この旧暦の下一桁に注目して下さい。

まとめ

それでは先の東西南北と旧暦によって、その日に神様がいらっしゃる方角を確認します。

例えば・・・

本日、東の壁に向かって釘やネジや画鋲など打ち込みたいとします。

そして、本日の旧暦は2018年5月14日ですから、下一桁は4となります。

次を記憶して下さい。

  • 1と2は東の方向に神様がいらっしゃいます。
  • 3と4は南の方向に神様がいらっしゃいます。
  • 5と6は西の方向に神様がいらっしゃいます。
  • 7と8は北の方向に神様がいらっしゃいます。
  • 9と0は何れの方向にも神様はいらっしゃいません。

おわかり頂けましたでしょうか。

つまり本日の旧暦下一桁は4ですから、南側の壁に釘やネジや画鋲など打ち込んでは駄目ですが、東側の壁なら大丈夫ということです。

合掌

執筆者:聖パパ

0
助言と忠告

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました