トイレに入る時は烏枢沙摩明王様の御真言を唱えて御利益を授かる

トイレ 便所
この記事は約4分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

皆様が多く利用する場所は何処ですか?この世を生きるに、数多くお世話になる場所、それはトイレです。家に居る時も、会社に居る時も、駅に居る時も、喫茶店やレストランに居る時も、何処に居ても多く利用するのがトイレです。

トイレには「烏枢沙摩明王様」という仏様がいらっしゃいます。しかしながら多くの人間がトイレに入っても、烏枢沙摩明王様に挨拶することもなく利用しています。これちょっとした気持ちというか意識の問題です。家であれ会社であれ外であれ、トイレに入ったら烏枢沙摩明王様に「おんくろだのううんじゃく」と唱えましょう。

この「おんくろだのううんじゃく」とは、烏枢沙摩明王様の御真言です。公衆トイレなど他に人がいる場合は心の中でも良いです。烏枢沙摩明王様の御真言「おんくろだのううんじゃく」と唱えて下さい。女性の場合は個室になっていると思うので合掌して「おんくろだのううんじゃく」と唱えたら良いですし、男性の場合で小さい時は個室じゃないので心の中だけでも良いです。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

烏枢沙摩明王様は霊験あらたかな仏様です。ご自宅のトイレなど常に綺麗に掃除すること言うまでもないですが、利用する時も「おんくろだのううんじゃく」と唱え烏枢沙摩明王様に感謝する気持ちを忘れないことが肝要です。さすれば烏枢沙摩明王様が有り難い御利益を授けて下さいます。

ここで烏枢沙摩明王様の御利益を大枠で幾つか紹介しましょう。

病気

例えば真冬のトイレは気温差が激しいです。高血圧症の人など、急激な温度変化を理由に倒れてしまうことが御座います。そして時に命に関わるような事態に陥ることも御座います。しかしトイレに入る時に一言「おんくろだのううんじゃく」と唱えることで、倒れてしまうような病気から守って下さいます。

また、病気と言えば薬師如来様を思い浮かべるという人が多いと思いますが、烏枢沙摩明王様は下の病気に御利益ある仏様として有名です。膀胱や大腸は勿論のこと、女性でしたら子宮の病気なんかでも、御利益ある仏様に御座います。

何らかの病気で寝たきりだという場合を除き、多くの人間は何処に居ても必ずトイレを利用します。これまで気にもしなかったという人は、そこに烏枢沙摩明王様という仏様がいると知り、ぜひ「おんくろだのううんじゃく」と唱え、御守護を賜り下さい。

知恵

知恵を授かるといえば、文殊菩薩様を思い浮かべるという人が多いと思いますが、烏枢沙摩明王様も有り難い知恵を授けて下さいます。

皆様も経験ないでしょうか。トイレに入れば不思議と知恵が浮かぶということないでしょうか。何か思いついたり、何か閃いたり、思わず忘れないようにメモを取りたくなるくらいの知恵が浮かぶこと多いと存じます。実際に自宅のトイレには、メモとペンを置いているという人も多いです。

家のトイレであれ会社のトイレであれ外のトイレであれ、トイレに入る時は「おんくろだのううんじゃく」と唱え、烏枢沙摩明王様から有り難い知恵を授かります。

金運

烏枢沙摩明王様は金運の御利益ある仏様としても有名です。常日頃から毎日トイレを掃除し、綺麗にしておくことで、烏枢沙摩明王様の御利益で金運が舞い込んでくること普通に御座います。

また、玄関や部屋が綺麗でもトイレが汚いという家は普通に御座いますが、トイレが綺麗な家は玄関も部屋も綺麗であることが多いです。

寝室を重んじる人間がいれば、リビングを重んじる人間もいます。しかし、トイレを重んじる人間は少ないこと確かです。これからはトイレを重んじ毎日掃除し常に綺麗なトイレに保って下さい。そしてトイレに入る時は「おんくろだのううんじゃく」と唱えて下さい。

たったこれだけのことで幸運が舞い込んで来ることは普通に御座います。

補足

最後に補足です。

トイレに烏枢沙摩明王様の御札を安置している人も多いかと存じます。そんな人はトイレで「お線香」を利用すると良いです。何と言っても烏枢沙摩明王様にお香を炊くことが出来ますし、トイレのニオイ消しにもなり一石二鳥に御座います。

また、ご自宅は勿論のこと、会社でも外の公衆トイレでも、そこに烏枢沙摩明王様の御札が無くとも、烏枢沙摩明王様がいると思い「おんくろだのううんじゃく」と唱えることが肝要です。

どうぞ今後の参考にして下さい。

今回のブログは以上です。

聖天様ブログの読者様におかれましては、日頃より「いいね・コメント」などで応援して下さり、心から感謝と御礼を申し上げますと共に、今後とも変わらぬ良き御縁を宜しくお願い致します。

合掌

 

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

神秘の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました