夢を記憶する訓練し、聖天様の天啓を授かる

睡眠をとる女性
この記事は約2分で読めます。

天啓とは天の啓示です。

つまりここで言うなら聖天様の啓示です。

聖天様から御縁を授かり、繋がっている多くの聖天信者様が、聖天様からの天啓を授かっても、見えないとか、聞こえないとか、感じないという風に、気付かないということが多いと存じます。

聖天様の天啓に気付くには、それに応じた力が必要だと言えます。

現代に生きる人間の多くが、その力を発揮できていない状態です。

しかし諦めては駄目です。

このような力は、日々の訓練によって、開花させることが可能です。

一体どのような訓練をすれば、そのような力を磨けるのでしょうか。

最も手っ取り早く天啓に気付く力が欲しいなら、日々見るであろう夢を覚える、夢を記憶する訓練を推奨します。

夢は最も天啓を授かりやすい場であります。

つまり夢を覚えていないという人よりも、夢を覚えているという人の方が、天啓に気付きやすいのです。

人間は必ず何らかの夢を見ます。

夢を見ないという人は、夢を見ないのでは無く、夢を覚えていないのです。

まったく夢を覚えていないという日があれば、起きた時は覚えていたけど、すぐに忘れてしまったという日もあると存じます。

しかし、夢を覚える訓練と、夢を忘れない訓練を、常に意識して下さい。

これは主に意識的な訓練になりますが、もし起きた時に覚えている場合は、忘れる前に直ぐ夢日記などに書き留めておく習慣を身に付ければ良いです。

この夢を覚えておくという意識的な訓練を続けることで、夢を忘れることが少なくなっていくと存じます。

つまり、いつ夢で天啓を授かっても、それを覚えた状態で目覚めることが出来るようになります。

自らの意識が描く単なる夢も御座いますが、だからと言って夢を甘く見ていては駄目です。

夢を見ている時が、最も天と繋がりやすい時なのです。

皆様が天啓を授かり幸となりますこと祈念しています。

合掌

+4
神仏と悪魔

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました