聖天様(歓喜天)に願い叶えて欲しければ次の電柱まで走るべし!

電柱と道路
この記事は約2分で読めます。

皆さんは「君原健二」という陸上(マラソン)選手をご存知でしょうか。

私は偉そうなこと言いながらも、あまり深くは知りません。(^^ゞ

ただ、この君原健二選手の「次の電柱まで」という名言は知っています。

これは有名な名言ですから知っている人は多いでしょう。

 

君原健二選手は走りながら苦しい時「次の電柱まで走ろう」と頑張って走り、そして次の電柱まで来ると、また「次の電柱まで走ろう」と頑張ってゴールまで走り続けたそうです。

 

これ聖天信仰にも言えることかと思います。

そもそも願い事というものは、そう簡単に叶うものでは御座いません。

だって簡単に願い叶うなら、この世に悩み苦しむ人は居なくなります。

また、聖天様(歓喜天)にする願い事は、大願である場合が多いです。

そして、大願であればあるほどマラソンのように長期戦となるのです。

 

聖天様(歓喜天)に願っても願っても願い叶わない。

更には叶わないどころか叶う兆しすら見えてこない。

要はマラソンでゴールが見えないのと同じ状況です。

 

ゴールが見えないからと言って諦めたら終わりです。

願い叶う兆しが見えないからと諦めたら終わりです。

 

マラソンのゴールは、あるていど距離が読めますが、願い叶うゴールは、まったく距離が読めません。

つまり、明日に願い叶うかも知れないし、6時間後、1時間後には、願いが叶うかもしれないのです。

 

聖天様(歓喜天)に願い叶えて欲しいと願うなら、最後まで走り続けるべしです。

途中で苦しくなったら「次の電柱まで」という名言を思い出して頑張るべしです。

 

走り続けるのは辛く苦しいことであり、途中で挫折するのは簡単で楽なことかもしれません。

しかし、結果的には諦め挫折すること苦であり、走り続けることが幸であると知るべしです。

 

聖天様に願い届ける方法

 

合掌

執筆者:聖パパ

 

0
助言と忠告

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました