聖天様に仕える聖夫婦から読者様へ

聖天様にお取り次ぐ聖天様へ願い届く各種祈祷・聖天様の御言葉を授かる占い鑑定・聖天様の御守護を賜る御真言入り特別祈祷済み御守・聖天様へ奉納し願い届く祈願絵馬・聖天様に御献灯し願い届く祈願蝋燭を承っています。
また、他には無い聖天様専用の商品(神具・仏具・他)お分けしています。
詳しくは下記より確認して下さい。合掌

確認

聖天信仰の心得十二条(其の二)

聖天信仰の心得十二条(其の二)聖夫婦ブログ
この記事は約2分で読めます。
聖天様専用商品バナー

聖天ブログ商品バナー

友だち追加聖夫婦LINE無料相談

信仰は、うまず、たゆまず、一生涯続ける事が肝要である。お札は自宅に祀ってもよいが、御尊像は祀らぬ方がよい。

これは聖天信仰の心得十二条の中の其の二です。

うまず、たゆまず

先ず最初のポイントは「うまず、たゆまず、一生涯続けることが肝要である」です。

一生涯続けるという言葉は、誰もが理解できると思いますが、「うまず、たゆまず」という言葉と、「肝要」という言葉は、あまり日常生活では使わないと思います。

聖天様専用の神具仏具▶

聖天様に願う特別祈祷▶

この「うまず、たゆまず」を漢字で書くと「倦まず弛まず」となります。

この漢字も日常生活で使うことは無いですよね!(笑)

この「うまず、たゆまず」とは、「飽きたり気を緩めたりしない」という意味です。

そして「肝要」とは、「最も重要であり大切だ」という意味です。

もう、お分かりですね。

この「信仰は、うまず、たゆまず、一生涯続けることが肝要である。」の意味は、「聖天信仰するならば、途中で飽きたり気を緩めたりせず、最期まで一生涯続けることが、最も重要で大切なことだ」という意味です。

どの神仏様への信仰も同じですが、特に聖天信仰する場合は重要で大切なことです。

お札と御尊像

次のポイントは「お札と御尊像」です。

聖天信仰されている人なら、誰もが承知のことと存じますが、一般の聖天信仰者様は聖天様(歓喜天)お札は祀っても、聖天様(歓喜天)御尊像は祀らぬ方が良いです。

稀にガネーシャ神様の置物など像を、聖天様(歓喜天)としてお祀りしたり、聖天様(歓喜天)のお札がある神棚にガネーシャ神様の置物など像を置かれている人がいるようですが、やめておいた方が無難であります。

自宅に聖天様(歓喜天)をお迎えしたい場合は、必ず祈願される寺院から、聖天様(歓喜天)のお札を授かり、お祀りして下さい。

合掌

執筆者:聖パパ

友だち追加聖夫婦LINE無料相談