聖天信仰の心得十二条(其の一)

聖天信仰の心得十二条(其の一)ブログ
この記事は約2分で読めます。

聖天様専用商品バナー

本当の信仰とは、お聖天様にひたすらおすがりして、一切をあげておまかせすることである。

これは聖天信仰の心得十二条の中の其の一です。

ここには本当の聖天信仰についての根本が記されております。

ここにある幾つかのポイントを、あえて記したいと存じます。

ひたすらおすがり

先ずは、この「ひたすらおすがり」という言葉に注目したいと存じます。

この「ひたすらおすがり」とは「心一途に縋る」という意味です。

つまり、「お聖天様にひたすらおすがり」ということは、「聖天様(歓喜天)を心一途に縋る」という意味です。

ところが、聖天様(歓喜天)を信仰するも決して一途にあらず、あっちの神様こっちの仏様というような聖天信仰されている人がいますが、これは「お聖天様にひたすらおすがり」という心得に反します。

一切をあげておまかせする

次に、この「一切をあげておまかせする」という言葉に注目します。

これも書いて字の如く、「聖天様(歓喜天)に何もかも全てお任せする」という意味です。

ところが、聖天様(歓喜天)に祈願し「まだ願いが叶わない」とか「いったい何時になったら願いが叶うのか」など考える人がいますが、これは「一切をあげておまかせする」という心得に反しています。

結び

総じて、「本当の信仰とは、お聖天様にひたすらおすがりして、一切をあげておまかせすることである。」とは、「聖天様(歓喜天)を心一途に縋り全てお任せする」という意味です。

聖天様(歓喜天)に心一途になれず他の諸仏諸神様に祈願したり、「まだかまだか」と全てをお任せ出来ずにいる人は多いかと存じますが、今一度この「本当の信仰とは、お聖天様にひたすらおすがりして、一切をあげておまかせすることである。」という言葉を噛み締め、本当の聖天信仰に努力精進されて下さい。

[clink url=”https://kankiten.com/rule/”]

合掌

執筆者:聖パパ