【悩み相談】聖天様の御札を寝室(ワンルーム)で祀って良いのか否か

質疑応答
この記事は約4分で読めます。

令和3年度の七夕祈祷を受付中!

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

Question

今回は「つっきー様」から頂きましたコメントに対応したいと思いますが、他の読者様も参考にして下さい。先ずはコメントを下記へ引用しますので宜しくお願い致します。

いつも拝読させていただいております。
1つお聞きしたいことがあります。
私は神社やお寺が大好きで、最近聖天様を知り待乳山聖天で浴油祈祷をしていただきお札をいただきました。
さらに神社のお札も3社ありお札のみの神棚に祀っております。
聖天様のお札も別のお札のみの神棚に祀っております。
向かい合わせにならないようになど位置に気を付けてお祀りしています。
ここで問題なのですが、すべて寝起きしている自室に置いています。
いわゆる寝室はよくないといいますが、ワンルームということもあり他に方法がないのです。
これはあまりよくないのでしょうか?
寝る時に直接足を向けるような場所からはずらしているものの気になっています。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

よろしくお願いします。

Answer

つっきー様、この度はコメント頂き誠に有難う御座いました。今回のポイントは「聖天様の御札を寝室(ワンルーム)で祀る良し悪し」に存じますが、宜しくお願い致します。

穢れの(失礼の)ない部屋・場所

今回の最大のポイントは「待乳山聖天」本龍院さまの御札であるということです。

先ず基本的なこととして言えるのは、聖天様の御札を授かった寺院の作法に従うということです。

本龍院さまのホームページには「穢れの(失礼の)ない部屋・場所」が良いとし「寝室‐×」とした上で、ワンルームに関しては更に詳しく「ワンルームマンション等で、お札をおまつりする場所のない方は、お守りにしましょう」と作法が記載されております。

以上のことからして、少なくとも今回の場合は「良くない」と言えます。

聖天様は神様であり、本龍院さまの「穢れの(失礼の)ない部屋・場所」という作法は正しいと言えます。

それでは何故に寝室(ワンルーム)が駄目なのか。

聖天様の御札は聖天様の御分身でありますので、極論すれば寝室(ワンルーム)で聖天様と同居するということになります。

ここから人間に例えれば分かりやすいと思います。

例えばですが、会社の上司や社長など、異性である目上の偉い人と自宅で同居するとします。

皆さんは異性の会社の上司や社長と寝室(ワンルーム)で同居できますか?

別室がある場合はプライベート空間も確保されますので可能かと存じますが、寝室(ワンルーム)ということは全てをさらけ出すことになります。

お着替えなど裸にもなるでしょうし、人によっては男女の交わりもあるでしょう。

他にも様々なことが想定できますが、異性である会社の上司や社長の目の前で裸になること嫌でしょうし、相手に対しても失礼であり、ましてや男女の交わりなど論外です。

その他にも自然現象による「げっぷ・おなら」などもあるでしょうし、寝室(ワンルーム)での同居と慣れば、中々難しいものです。

しかも相手は会社の上司や社長とは比べ物にもならない神様です。

寝室(ワンルーム)を「穢れの(失礼の)ない部屋・場所」とすること難しいと存じます。

但し、これらの対策が出来るのであれば話は別です。

あくまでも寝室が駄目とか、ワンルームが駄目という話ではなく、穢れの(失礼の)ある部屋・場所が駄目なのです。

もし「穢れの(失礼の)ない部屋・場所」として、聖天様の御札を祀れるのであれば、お祀りいただいても良いです。

このまま聖天様の御札を祀る対策など更に突っ込んだ相談など御座いましたら、非公開による個別の無料相談から連絡して下さい。

どうぞ参考にして下さい。

今回のブログは以上です。

他の読者様も聖夫婦に何か相談など御座いましたら気軽にコメントして下さい。但し、コメント欄の相談に関しては、当方で選んだ一部の相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開で個別の悩み相談を希望される人は、下記リンクから「無料相談」を利用して下さい。

聖天様に仕える聖夫婦の無料相談
今、悩みを抱えていませんか? その悩み、相談できる方が周りにいますか? 聖天様(歓喜天)のこと教...

聖天様ブログ読者様におかれましては、日頃より「いいね・コメント」など応援して下さり、心から感謝と御礼を申し上げますと共に、今後とも変わらぬ良き御縁を宜しくお願い致します。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

+4
悩み相談

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました