願い叶うか否か!楽観的な人間と悲観的な人間!

喜怒哀楽(喜び悲しむ男性)
この記事は約2分で読めます。

今回は「楽観的な人間」と「悲観的な人間」について書きます。

この世の人間は、大きく分けて楽観的な人間と、悲観的な人間が存在します。

楽観的な人間とは「何事も心配したり不安にならず上手くいく」と考える人間であり、一方で悲観的な人間とは「何事も上手く行くかなと心配し上手くいかないと不安になる」人間です。

これら楽観的になるのも悲観的になるのも、人間の意識によるものでありますが、この意識から行動が生まれ、その行動から結果が生まれます。

楽観的な意識からは楽観的な行動が生まれ楽観的な結果が生まれます。

悲観的な意識からは悲観的な行動が生まれ悲観的な結果が生まれます。

つまり、願い叶う意識は悲観的にあらず「楽観的」であるが故に、聖天様に願い叶えて欲しければ、悲観的思考にならず楽観的思考になるべしです。

聖天様はどんな願いも叶えてくれる神様です。

聖天様は他の諸仏諸神様で叶わぬ願いも叶えてくれる神様です。

そんな聖天様からご縁を授かり、願うことが出来たのなら、楽観的になるのが自然です。

その自然の流れに逆らい悲観的になっては駄目です。

せっかく聖天様が願いを叶えて下さるのに、肝心要の願主(本人)が聖天様のご利益を受けるに逆らう悲観的思考では、願い叶うものも叶いません。

聖天様のご利益を自然な流れに逆らわず、楽観的思考によって受け入れることで、願い叶うのです。

聖天様は、人を選ぶ神様です。

そんな聖天様から選ばれた人間は、聖天様が願い叶えて下さるのです。

なかなか願い叶わぬ人間は、未だ時期じゃないか、未だ功徳が足りぬか、様々な理由が存在しますが、その中には聖天様のご利益を受け入れる楽観的思考か、聖天様のご利益を受け入れぬ悲観的思考か、という理由も存在しますので、どうか何事も悲観的にならず楽観的思考で一心不乱に聖天様へ祈願(聖天信仰)されて下さい。

合掌

執筆者:聖パパ

0
祈願と御礼

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました