2021令和3年の新年祈祷の申込受付中!確認する▶
ラクマに続きメルカリも開設を致しました!確認する▶

聖天様ご祈祷の推奨期間

この記事は約2分で読めます。

本日は、聖天様にお願い事をする、ご祈祷の推奨期間についてお話し致します。

無料相談でも多く寄せられる相談なのが、「聖天様へのご祈祷は何日くらいすれば良いですか?」という相談です。この「良いですか?」という意味には、「どれくらい行えば効果的ですか?」という意味と、「どれくらい行えば願いは叶いますか?」という意味であると存じます。

もし、「どれくらい行えば願いは叶いますか?」という意味である場合は、「どれくらい行えば願い叶うなど人間には知る由もないので、願い叶うまで行って下さい」という回答になります。

しかし、「どれくらい行えば効果的ですか?」という意味であるなら、次を参考にして下さい。

寺院によって異なるシステム

聖天様に願うご祈祷は、各寺院によってもシステムが異なりますし、代表的なところで言えば、待乳山聖天である待乳山本龍院は1申込7日間とのシステムで、生駒聖天である生駒山宝山寺は1申込1日間から自由というシステムです。

宝山寺は自由なシステムとは言えど、一応に「下品1日・中品5日・上品10日・大浴油1ヶ月・永代」という目安は御座います。

私が行う祈祷も、生駒聖天宝山寺と同じ1申込1日間から自由というシステムでありますので、各種ご祈祷案内ページには期間の目安を書いて御座います。

他にも各寺院によってシステムは異なりますので、各寺院のシステム作法に従い行って下さい。

もし迷われた時は、少なくとも7日間以上で1日でも多く行なうことが最善と言えます。また、本来は「どれくらい?」と言うのではなく「願い叶うまで諦めず続ける」という意識と行動が、願い叶う秘訣であると存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

合掌
執筆者:聖パパ

0
作法と心得

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました