過去に戻りたいは危険です

過去に戻りたいは危険です
この記事は約4分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

人はそれぞれ過去を持って生きています。
昔を懐かしむことは決して悪いことではありません。

しかし、過去に執着しすぎることは危険です。

なぜ、それほど過去に戻りたいのですか?

過去に戻りたい人の心理状態として
・過去に大きな失敗をしていることへの後悔
・大切な人を亡くした、別れた喪失感
・生きる意欲を失ったから
・若さが羨ましい

などなどとてもポジティブとはいえない、ネガテイブな精神状態からきている事が多いようです。
ネガテイブな感情は負の気を呼び込みます。
全てが上手くいかない、負の連鎖を生み出します。

過去に戻りたい…その思いが強すぎるのは危険です。

後悔

人は誰しも失敗をしています。

あの時、あんな事をしなければよかった。
あの時、あんな事を言わなければよかった。
あの時、あんな態度を取らなければよかった。
あの時こうしていれば…
あの時ああしていれば…

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

しかし、人は決して過去には戻れません。
映画の世界にしかタイムマシーンはありませんし、聖天様も、過去には戻してはくれません。

失敗から得られること

人は誰しも失敗をしますが、失敗から得られることも沢山あります。
後悔するだけで終わらせてはいけません。
今の自分は過去の自分の集大成です。
あなたはこれからもまだまだ進化できるのです。

あなたが戻りたい、「あの時」に戻ることはできませんが、あの時と同じ状況となった時、同じ失敗をしないように、もう、戻りたい、やり直したいと思わないでいいように、今のあなたならあの時の失敗を活かせるはずです。

今もすぐに過去となります

今この一瞬も、すでに戻らない過去となります。
ですから、一瞬一瞬を後悔しないように生きなければいけません。

毎日、夜寝る時、「今日もいい1日だった」と思えるような生き方をすべきです。

毎日、あの頃に戻りたい…と考える時間があるなら、何かそれを忘れてしまえるくらい、時間が経つのが早いと思えるような何かを見つける必要があります。

毎日のお散歩など体を動かすこともいいかもしれません。
じっとしていると、いろいろな良からぬ考えが頭をいっぱいにするかもしれません。
コロナではありますが、混雑時をさけて、適度に体を動かすと、良い睡眠が出来るようになりますし、食事も美味しく感じます。

習い事をしてみるのもいいかもしれません。新しい環境は、気持ちの切り替えにとても有効です。
外に出るのは..という方は、お部屋の大がかりな模様替えなどもいいかもしれません。体も動かしますし、ついでに断捨離なんかもすると、お部屋がスッキリして、ホコリも払えて、良い気が充満します。
思いっきり凝った料理をしてみるというのもいいかもしれません。普段しないような料理を一生懸命作ると、後で美味しいものを食べることも出来ますし、美味しいものは心も幸せにしてくれます。

とにかく、熱中できる何かをしてみることはとてもいいことです。

そうして、充実した時間を過ごすことで、過去への執着は和らぎ、今に目が向き、建設的に物事を考えられるように、努力してみて下さい。

充実した日々を過ごしている方は

充実した毎日を過ごしている方、今の現状に満足している方は、過去を懐かしく思い出すことはあっても、過去に戻りたいと思うことがあっても、そこまで執着した思いはありません。

充実した毎日を過ごしている方、今の現状に満足している方も、もちろん人間ですから後悔もありますし、あの時…という思いも皆が持っていますが、過去に戻ってやり直したいと思う気持ちはあっても、そこまで執着した思いはありません。

過去に執着している時間がないのです。今の現状を生きる為に、今の現状を良くする為にエネルギーを使っているからです。

今の現状が未来のあなたを作ります。

未来のあなたが後悔しない今を生きなければなりません。でなければ、いつまでも「あの頃に」の呪縛から逃れる事ができません。

あなたは今どうなりたいですか?
どうなれば、幸せと思えますか?
あなたが幸せになるためには何が必要ですか?

お金ならば、『金運隆昌』
人生を楽しむパートナーならば『良縁成就』
充実した仕事に変わりたいならば『転職成就』
などなど、あなたが幸せになるために何が必要かを考えて、聖天様に願って下さい。

どんな願いも叶えて下さる神様です。
どんな事を願ってもいいのです。

私達、聖夫婦も協力します。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

幸福の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました