おみくじ読み解く方法

おみくじ
この記事は約6分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

どうしても神仏様にお伺いしたいことが出来た時、あなたならどうしますか?

おみくじでお言葉を授かる…という方も多いのでは無いでしょうか。

もっと気軽におみくじを引く…ただ漠然となんとなく、おみくじを引いたら大吉だった、凶だったということで、「大吉だ!」「あぁ…凶だ」で終わる一種の運試し的なおみくじに関しては、お遊びですので、あまり意味を持たないと思われますし、これから書くことはあまり参考にならないと思われます。

もっと切実な願いに対して、聖天様などの神仏様からの『お言葉』を求めて頂く時の、おみくじを読み解く参考にして頂ければと思います。

もしも切実な思いで頂いたお言葉に対して、吉凶だけで一喜一憂し、気になっていた項目(恋愛運や財運など)を読んでで終わっていた方、それ、本当にもったいないです!

もちろん『おみくじ』は、内容が「和歌」や「漢詩」で書かれたものが多く、お勉強を思い出して、ちょっと読み解きなんてもういいや…。というお声も多く聞かれます。「和歌」や「漢詩」は、現代人にはあまり馴染みのないものなので、しょうがないのですが、それ、本当にもったいないです!

おみくじを読み解く

おみくじを引くお作法については沢山記事がありますので、一度読んで下さいね!

おみくじ作法
誰もが一度は経験しているであろう「おみくじ」の作法について書き記したいと思います。おみくじとは、神...

では、おみくじを引いたところからお話させていただきます。

あなたがおみくじを引きました。まずは、何処からみますか?

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

吉凶を見る

おみくじの運勢欄には、大吉だいきち
きち:良い運勢
中吉ちゅうきち:まあまあの運勢
小吉しょうきち:少し良い運勢
末吉すえきち:後から開けてくる運勢
きょう:悪い運勢
大凶だいきょう:非常に悪い運勢

という様な運勢の結果が書いてあります。

更に下記のようなもっと細かく分類されているおみくじもあります。

大吉だいきちきち中吉ちゅうきち小吉しょうきち半吉はんきち末吉すえきち末小吉すえしょうきちきょう小凶しょうきょう半凶はんきょう末凶すえきょう大凶だいきょう

もちろんこれよりもっと種類の多いおみくじなんかもあるようです。ちなみに、大吉から大凶までだんだん運勢が悪いという読み解きが一般的です。

やはり、この運勢結果を見てしまうと、大吉を頂くと嬉しいでしょうし、大凶を頂くと、お先真っ暗…というように落ち込む方も多いです。

しかし、実はおみくじには「吉凶悔吝きっきょうかいりん」という易経の考え方があります。

『吉』はそのまま、良い出来事の意。『凶』もそのまま悪い出来事の意。『かい』は、凶になったことを後悔して吉に向かうこと。『りん』は吉なのに凶に向かうこと。

ざっくり解説しますと、大吉や吉のような、良い結果が出たからと慢心すれば凶へと向かっていく警告であり、凶や大凶の様な悪い結果が出たからと言って、落ち込むのではなく、何処が悪かったのか、どうすれば改善し、良い方向に向かうのかと、内省し、行動を見直し、出来る限りいい方向へ向かう努力をすれば吉となるというような意味です。

要は、大吉が出たからと言って大喜びして、怠けていては、凶へと転げ落ちてしまうし、大凶が出たからと言って、もう立ち直れない…ということではなく、これからの行動次第で吉へと向かうということです。

和歌や漢詩を読み解く

さぁ、ここからが本題です。

おみくじに書かれている和歌や漢詩は神仏様からの「お言葉」です。
ここが本丸なのです。そう、おみくじの中でもっとも重要な部分と言えるでしょう。

難しい?とか言わず、まずはじっくりと読んでみましょう。

あなたがこのおみくじを引く前に神仏様に何を尋ねたのかまずはそこが大切です。
そして、それにあてはまる答えを読み解いていきましょう。

あなた自身の現状をおみくじに書かれている項目と照らし合わせてみることです。

まずは、いい方向で書かれているのか、現状かなり厳しいと書かれているのか、又未来は明るいのか、まだまだ厳しい状況が続くのか…出てきた単語や、和歌の内容、情景、なども踏まえて、おみくじのお言葉が尋ねたことへの答えとした時、どうなのかという、自分なりの解釈をしてみることが大切です。

書いてあることだけを考えるのではなく、あなたが尋ねた事への答えとした時にどういう解釈が出来るのか考える事がポイントです。

大体最後に書いてある言葉

願望ねがいごと=願い事がどうなるのかが書かれている。
待人まちびと=家族、友人、仕事関係なども含む全てに関する待ち人として考える。
失物うせもの=これは、物だけではなく、人間関係や精神的なものなど全てを含めて考える。
旅行たびだち=お出かけ、旅行など、家から出るような状況として考える。
商売あきない=事業、経営、お商売に関することとして考える。
学問がくもん=勉学、受験、資格など全て。
相場(売買)そうば=お金、投資など資産形成に関すること。
争事あらそい=裁判だけでなく、一般的な人間関係のこじれなども含む。
恋愛れんあい=恋愛関連全て。
転居(移転)やうつり=引越しなど。
出産おさん=そのままお産に関すること。
病気やまい=そのまま病気に関すること。
縁談えんだん=結婚に関すること。
方角(方位・方向)=お出かけ、、旅行、転居などによい方向、もしくはよくない方向。
土木=新築、増築など。
音信(通信)=連絡
金運=お金に関する事。
勝負=勝ち負けのあること。
抱人かかえびと=求人、従業員、部下などを含む。
おみくじにより、書いているものと書いていないもの、又、上記にも無いものが書かれていたりしますが、一般的に上記のような内容で、お言葉を頂くことが出来ます。

こちらも、あなたがこのおみくじを引く前に神仏様に何を尋ねたのかまずはそこの答えとして照らし合わせる事が大切です。

尋ねた内容にピッタリくる項目がない場合は総合的に願望ねがいごと欄を見ると良いでしょう。

おみくじを読み解いて

さぁ、どうでしょうか?ここまで読み進めてきて、少し、尋ねた内容の答えとして頂いた内容にピッタリお答え頂いたような内容の読み解きが出来ましたでしょうか?難しかったですか?

同じおみくじでも受け取る人により解釈は変わってきます。もちろん願い事が違い、尋ねた事が違うのですから、その解釈が変わるのは当然の事と言えます。

もしも、難しくて、せっかく頂いた『お言葉』、メッセージが読み解け無い!という方は、聖夫婦の『おみくじ読み解きサービス』をご利用下さい。聖天様や神仏様の『お言葉』やアドバイスを正しく受け取るお手伝いをさせて頂きます!

おみくじ㊙読み解きサービス
おみくじは天からの御言葉 神社や寺院など、聖天様や他の神仏様から授かる「おみくじ」は、天からの御言...

おみくじで聖天様や神仏様から『お言葉』、メッセージを受け取ったなら、願いを叶えるために、しっかり読み解き、そのアドバイスにより行動を起こし、願いを叶えて頂ける様に、日々功徳を積み、叶う為の努力を惜しまず、頑張って下さい。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

縁起と運勢

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への相談でも良いです。ご相談内容が他の読者様にも役立ちそうな場合など、ブログや動画の題材にさせて頂く場合が御座いますので宜しくお願い致します。合掌

タイトルとURLをコピーしました