幸せを得る恋と幸せを失う恋

恋人
この記事は約4分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

もう長い間で無料相談を承っておりますが、恋愛系の無料相談は多い分類に入るのでは無いかと存じます。

恋愛系でも様々ですが、圧倒的に多いのは片思いです。

それは恋愛成就を願う相談であったり、復縁成就を願う相談であったりします。

この恋愛成就や復縁成就は、まだ一方的な恋愛を求めている状態に御座いますから、それにより幸せを得るとか、それにより幸せを失うとか、そんなことは少ないと存じますが、恋人関係であれ、不倫関係であれ、既に何らかの恋愛関係にある人の場合は、それにより何らかの幸せを得たり、それにより何らかの幸せを失ったりしていると存じます。

まぁ、当方の無料相談に来る方々は、それにより幸せを失っている人が圧倒的に多いのですが。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

恋心を抱く好きな相手と恋愛関係になること自体が幸せを得ることになると存じますが、その得た幸せは永遠に続くと限ったことでは御座いません。

それにより永遠に幸せを得たとしても、それは一時的な幸せであり、その達成後に衰退していく恋愛の方が多いかと存じます。

そして衰退するということは、一時的に得た幸せが、徐々に失っていくということに繋がります。

恋は盲目という言葉が御座いますが、誰かに恋して惚れれば惚れるほど盲目となり、幸せを失っていくことに気が付かないのです。

また気が付いても、好きという感情に負けてしまい、見ないふりをしてしまうのが世の常です。

しかし、幸せを得ることが一時的なことであれば、幸せを失うのも一時的である場合が御座います。

例え一時的に幸せを失ったとしても、その後にまた幸せを得るという恋愛もあるのです。

人間は未来が見えません。

自分の未来を知ることが出来ません。

この恋愛関係を得ることで一時的な幸せを得たとしても、それが未来永劫に続く幸せとは限りません。

恋愛関係を得ることで一時的には幸せを得ても、その先にある未来は永遠に幸せを失う未来かもしれないし、一時的に幸せを失ったとしても、最終的には幸せを得る未来かもしれません。

その未来が見えないからこそ、例え幸せを失っているということに気が付いても、相手が好きという感情に、かすかな希望を抱き、更に幸せを失っていくのです。

これら未来永劫に幸せを得る恋愛関係について、自分で出来る努力は言うまでも無いですが、やはり天の救いは必要不可欠だと存じます。

多くの人間は、恋愛成就や復縁成就を願っても、それが叶った後に「恋愛円満」や「関係円満」を願いません。

恋愛成就や復縁成就を願う人の多くが、恋愛関係になること願っているわけですが、決して恋愛関係になることが願いのゴールでは無いはずです。

あくまでも恋愛関係になることは、一つの通過点であり、その恋愛関係になったことで得た幸せを、未来永劫に続かせることが最終的にな願いに存じます。

恋愛成就や復縁成就が叶い、恋愛関係になったとしても、その後に恋愛関係が悪化してから天に願っても、関係修復は難しくなります。

その恋愛関係が悪化すればするほど、関係修復は難しくなるのです。

それよりも、恋愛関係になり幸せを得た絶頂の時から、その幸せを失わないよう、更なる幸せを得れるよう、その幸せが未来永劫に続くよう、恋愛円満や関係円満は願うべしであり、ある意味で恋愛成就や復縁成就を願う以上に、恋愛円満や関係円満を願うことが大切なことに存じます。

恋愛成就や復縁成就の願いを叶えるためには、其れ相応の努力や時間が必要になります。

しかし、恋愛成就や復縁成就の願い叶った人の多くが、その費やした努力や時間を一時的な幸せにより忘れ、無駄にしてしまうという場合が多いのです。

恋愛成就や復縁成就という願いが叶った時にこそ、これまでの努力や時間を無駄にしないよう、せっかく天の助けにより得た幸せを失わないよう、その幸せを得た時から、その先にある未来を願うことが肝要に存じます。

ここで言う天とは、大聖歓喜双身天王様のことであり、聖天様のことに御座います。

当方でも多くの方から、聖天様への恋愛成就や復縁成就の御祈祷を承り、日々その願いを御祈祷にて聖天様へ届けさせて頂いております。

そして恋愛成就や復縁成就という願いが叶う多くの人の中でも、恋愛円満や関係円満を継続して願う方々というのは、聖天様からの継続した御利益を授かり続けていると存じます。

皆様の恋愛成就や復縁成就という願い叶い、その幸せを得る恋愛関係が未来永劫に続きますこと、心から祈念しております。

聖夫婦
合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

恋愛の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました