聖天信仰に過信する者は願い叶わず、聖天信仰に自信を持つ者は願い叶う。

自信と過信
この記事は約1分で読めます。

聖天様はどんな願いも叶えてくれる神様ですが、誰にでも叶えてくれる神様では御座いません。

聖天信仰にも度合いというものが御座います。

聖天様は聖天信仰の度合いに応じた御利益を授けて下さいます。

これ『人事を尽くして天命を待つ』という言葉に置き換えたら『聖天信仰を尽くして聖天様の御利益を待つ』というふうになります。

つまり願い叶えて貰う為には、先ず『人事を尽くす』ことが肝要であり、人事をつくせば『自信』が生まれます。

しかし、自分では人事を尽くしているつもりで自信を得たとしても、それは自信にあらず『過信』なのです。

自信を得た者は願い叶うと言えますが、その自信が過信であった場合は願い叶わずと言えます。

自信か過信か紙一重とも言えますが、この差による結果は天と地なのです。

自信は自らの意識と行動から自然に生まれるものですが、過信は自らの意識が勝手に作り上げるものに御座います。

自信に満ちた者は更なる聖天信仰を尽くすのですが、過信に満ちた者は聖天信仰を怠るようになります。

合掌

+4
助言と忠告

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました