生駒聖天宝山寺の大護摩会式(秘法八千枚護摩供)

生駒聖天223号
この記事は約1分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

平成30年4月1日(日)は生駒聖天宝山寺(生駒山宝山寺)で、大護摩会式(秘法八千枚護摩供)が行われます。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

国家安泰・五穀豊穣・万民豊楽を願い、八万枚護摩供を修された湛海律師の遺徳を偲び、毎年4月1日に歴代山主が執り行う、生駒聖天宝山寺で最も重要な法会です。

この八千枚護摩行は、真言密教の中でも難行と謂われる修法であり、山主は本日3月25日から厳しい前行に入られるそうです。

その前行とは、1週間塩を断ち、1日1食とし、前日の31日からは断食無言行を修し、当日の4月1日に不動明王様の御真言が唱えられる中で、八千枚にもわたる護摩木を焚き上げられます。

真言律宗の管長であり生駒聖天宝山寺の貫主である、大矢實圓管長は正しく生き仏で御座いますが、本日から厳しい前行とのことで、この場を借り御健勝を祈念しております。

生駒聖天宝山寺の大護摩会式(秘法八千枚護摩供)、是非お近くの方は参拝されて下さい。

合掌
執筆者:聖パパ

出典:生駒聖天223号

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

アナウンス

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました