***お知らせ***
new:アイコン
2020年10月1日

只今ラクマで聖天様の神具仏具を20%OFFの謝恩セール価格で出品しています。
※対象商品は【謝恩セール価格】の表記あり。
※謝恩セールは事前の予告なく終了致します。

ラクマで確認▶

 

聖天様に仕える聖夫婦が聖天様の意を説く!聖天様の御尊像を一般信者様が祀って良いか否か?

聖天様御縁と奇跡
Wikipedia
御縁と奇跡
この記事は約4分で読めます。

聖天様専用商品バナー

※叶えたい願いある人▶
※知りたい未来ある人▶

聖夫婦

聖天様の御尊像

多くの寺院では、聖天様を秘仏とし、御尊像は聖天厨子の中に安置され、一般信者様が目にすることは御座いません。ただ一部では、決まった日などに、一般信者様が聖天様の御尊像を目にすることが出来るという寺院もあるようです。いずれにせよ聖天様は秘仏であるというのが基本的な考え方であることは間違い御座いません。

聖天様は秘仏であり、その御尊像を一般信者様が目にする機会は、なかなか御座いません。そこでひと目だけでも見たいと思う人や、一般信者様でありながら自宅に聖天様の御尊像を祀りたいという人がいます。今回は、この聖天様の御尊像を、一般信者様が自宅に祀って良いのか否か、皆様と一緒に考えたいと思います。

聖天様の御尊像を一般信者様が自宅に祀る是非

聖天信仰の心得十二条には、「お札は自宅に祀ってもよいが、御尊像は祀らぬ方がよい。」という一文が御座います。これ間違いのない事実に御座います。ただ、「方がよい。」という文言であり、絶対に駄目とは、書かれていません。つまり、一般信者様が聖天様の御尊像を自宅に祀ること、絶対に駄目というわけでも無いのです。

実際に、聖天様の御尊像を自宅に祀られている一般信者様がいらっしゃいます。また、一般信者様が自宅で聖天様の御尊像を祀っても良いとし、一般信者様に聖天様の御尊像を授けている寺院もあるようです。

一般信者様が聖天様の御尊像を自宅に祀る是非については賛否両論あります。宗派によっても寺院によっても人によっても、その見解は異なるかと存じます。何れにせよ、これら全ての見解は、人間による見解に御座いますが、聖天様の意としてどうなのでしょうか。聖天様は一般信者様が聖天様の御尊像を自宅に祀ること許されているのでしょうか、それとも許されていないのでしょうか、これよりその真相に迫りたいと思います。

一般信者様が聖天様の御尊像を自宅に祀ることに対する聖天様の意

一般信者様が聖天様の御尊像を自宅に祀る是非について、聖天様の意としては、「人により異なる。」というのが実際のところです。

基本的に一般信者様が聖天様の御尊像を自宅に祀ることは聖天様の意に反します。しかし稀ながら聖天様の御尊像を自宅に祀ること聖天様の意として許される人もいます。

そこで多くの一般信者様は、自分が聖天様の御尊像を祀ること、聖天様の意として許される人間なのか否か、それを知る方法はあるのか否か、その辺りを知りたいと思うのではないでしょうか。

一般信者様が聖天様の御尊像を自宅に祀ることに対し聖天様の意を知る方法

一般信者様が自宅に聖天様の御尊像を祀って良いのか否か、それを知るために当方の鑑定を利用し聖天様から御言葉を授かれば知ること可能ですが、あまり推奨は致しません。なぜなら殆ど聞くまでもないからです。

先程も書き記しました通り、聖天様から聖天様の御尊像を自宅に祀ること許されている一般信者様は稀です。稀とは、「めったにない。めずらしい。少ない。」という意味です。

一般信者様が自宅に聖天様の御尊像を祀って良いのか否か、それをわざわざ鑑定を利用し聖天様から御言葉を授からなくとも、自然と知ることが出来ます。

聖天様の意として聖天様の御尊像を自宅に祀ることに許しを得た一般信者様

聖天様から、聖天様の御尊像を自宅に祀ること許された人間は、わざわざ自分から聖天様の御尊像を祀りたいと思い動かなくとも、聖天様の方から自然と来られます。つまり、自然と聖天様の方から来られない一般信者様は、聖天様の御尊像を自宅に祀ること、聖天様から許されていない、聖天様の意に反すると理解して良いと存じます。

聖天様を信仰すること聖天様から授かる御縁に御座います。更には聖天様の御尊像を一般信者様が自宅に祀ることも、聖天様から授かる御縁に御座います。聖天様が聖天様の意として聖天様の御尊像に御縁を授けて下されば、一般信者様も聖天様の御尊像を自宅に祀ることが出来ます。出来るというか自然と祀るようになります。(笑)

聖天様の方から来られない一般信者様の場合は、自ら聖天様の御尊像を自宅に祀ろうと意識し動かないことです。これ正に聖天信仰の心得十二条にある、「お札は自宅に祀ってもよいが、御尊像は祀らぬ方がよい。」に御座います。

但し、これはあくまでも聖天様の御尊像であることが前提となる話に御座いますので、聖天様の御姿が描かれた御守や御影などは、また別の話で御座います。

聖天様の御姿が描かれた御守や御影などに関しましては、またの機会にでもブログとして書き記したいと思いますので、今後とも聖天様ブログのご愛読を宜しくお願い致します。

合掌
執筆者:聖パパ