もし幽霊を見てしまったら!これだけは絶対したら駄目!

幽霊・死霊・悪魔(オ・マ・エ ミ・タ・ナ)
この記事は約3分で読めます。

世間では「私は霊能力がある」とか「私は霊能力がない」と言う話を耳にします。

皆様は、霊能力が有りますか?霊能力が無いですか?

あなた様は、霊能力が有りますか?霊能力が無いですか?

ここで「私は霊能力が無い」と答える人は多いかと存じますが、そんなことは御座いません。

そもそも・・・

この世に生きる全ての人間には霊能力が有るのです。

 

一般的に霊能力が無いという人間は、霊能力が膠着して開花していないか、霊能力が開花するも力が弱くて気が付いていないかだと言えます。

いずれにせよ、「私は霊能力が無い」という人が多いことは確かであり、必然的に「幽霊を見たことがある」という人も少ないかと存じます。

しかし、先程も申しました通り、人間の誰もが霊能力を持っているが故に、いつどこで幽霊を見てしまうか分かりません。

 

今までに幽霊を見たこと無い人が、急に幽霊を見てしまったら、まさに驚きを通り越した恐怖を感じ、我を忘れてしまうという可能性も御座います。

 

そこで今日は『もし幽霊を見てしまったら!これだけは絶対したら駄目!』という絶対的な注意事項を1点だけ教えますので、いざという時の為に、必ず覚えておいて下さい。

そして実行して下さい。

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幽霊・死霊・悪魔(目を見るな!

絶対に幽霊のを見たら駄目!

 

もし幽霊を見てしまったら、絶対に幽霊の目を見ないで下さい。

絶対に幽霊と目を合わせないで下さい。

霊能力の弱い人間が、幽霊と目を合わせることは、大変危険に御座います。

 

万が一、一瞬の出来事で目を合わせてしまった場合は、すぐに目をそらすことです。

そして・・・「見ていない、私は見ていない。」と、見ていないフリをして下さい。

幽霊なんて見えていない、幽霊なんかに気が付いていない、そう自分で自分に言い聞かせて、知らんふりを貫き通し、その場から速やかに離れて下さい。

幽霊からして、人間が気付いていると知れば、聞いて欲しいことや、助けて欲しいことなど、何らかの幽霊なりの欲望を持って、人間の身体に憑依する可能性が高まります。

そうは言っても、普段から幽霊なんて見ない人間が、急に幽霊を見たら、冷静ではいられないかと存じますが、せめて心の片隅でも構いませんので、『絶対に幽霊の目を見ない!』『絶対に幽霊と目を合わせない!』ということを、これを機に覚えておいて下さい。

 

幽霊も様々です。

話を聞いて欲しいとか、成仏させて欲しいとか、救いを求めるだけの幽霊がいれば、何らかの悪意を抱き、人間に禍をもたらそうとする、最悪の場合は人間の命を奪おうとする、そんな悪い幽霊もいるのです。

合掌

2+
心霊と神秘

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました