聖夫婦から読者様へプレゼント企画実施中!▶確認する◀

人間関係は不快にさせないことが大切

人を不快にさせない
この記事は約3分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

聖夫婦から読者様へ感謝のプレゼント

人は人と関わりを持たなくては生きていけません。
あなたが居心地良い人とだけ関わりを持って生きていけたらそれは幸せかもしれません。

しかし、出来る限りあなたが周りの方と居心地良く過ごすためには、あるルールが存在します。

人を不快にさせない

人をお話をする時、相手が不快な気持ちになる言葉を察知して、「口にしてはいけない最低限のルールを守る」ということはとても大切です。それが出来れば、相手が不快感を感じるような発言にはなりません。

そして、相手にマイナスイメージを与えるようなネガテイブ発言はNGです。

例えば・・・
お相手がとても楽しみにしているお出かけですが、天気予報は雨。そんなお相手に声がけをする際、

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

「なんだか雨が降るらしいよ。残念だね。あそこ晴れてなきゃ行く意味ないよね。」などと言われたら、誰でもムッとしますよね。

「お天気雨って言ってたけど、雨が降らないように願いを込めて、てるてる坊主作るね!なんとか雨回避できるといいね。でも、保険だと思って、雨でも遊べるとこ探すの手伝うよ!きっと楽しめるとこあるよ!」など、前向きなお声がけなら、同じ雨が降る話をしても印象は180度変わります。

マイナスイメージのお話ではなく、お相手にプラスになるお話、相手の為になるお話を心がけたいものです。

また、だって…、どうせ…、だけど…などのネガテイブ系発言はお相手を苛つかせます。
お相手の発言を遮ることや、途中から自分のお話にすり替えることなどもお相手を苛つかせます。

返事や相づちも、適当に聞いていると、適当な相づちになりがちです。
聞くなら聞くできちんと対応したいものです。舌打ちをするなどもってのほかです。

忙しくて集中してお話を聞けないなら、そこでお相手を気遣う一言が入るか否かは、お相手を不快にするか否かの大切なポイントだと言えます。状況を説明した上で、今話すのかどうかはお相手の判断次第です。

そして、お話をする、又は聞く時の態度も大切です。

お相手に背を向けて、又は違う方を向いたまま、とか、至近距離で、ジロジロ見ながら、とか、肘をついて、とか、足を組んでなど、明らかに態度が悪いとやはりお相手を不快にさせます。

又、話し方も気をつけたいものです。お相手に聞き取りやすい大きさ、速さなど、聞きやすい話し方を心がけましょう。

正論だからと曲げられないストレートな方も、やり方を間違えれば、お相手を怒らせてしまったり、空気が悪くなったりとお相手を不快にしてしまうおそれがあります。

あなたの意見が正しい意見だとしても、ストレートに正論を振りかざすのが良い方法とは言えないのです。

気をつけなくてはいけないことは、相手が体面を保てるような、やんわりと角が立たないような方法で、反論や意見を相手に伝えるスキルが必要だということです。

学生の討論会など論破が目的ならば話は別です。

しかし、社会生活では、例え意見が正しいとしても、他の人もいる場で、お相手の意見を論破することは、人前で恥をかかせる行為だと思ってください。お相手の立場を考えたお話の進め方が求められるのです。
難しいならば、自分がお相手の立場になって、どうすれば、どの様な話の流れならば、人前で意見を曲げて、首を縦にふるのかを考えてみましょう。

コミニュケーションはとても奥が深いです。
方法も一つではなく、すぐに実践できないかもしれません。

しかし、『人を不快にさせない』をテーマに人と触れ合ってみてください。
他人を変えることはなかなか難しいですが、自分が変わることは、他人を変えるよりは容易いことです。
自分が変われば、お相手や周りも変わります。
より楽しく生きるために、人を不快にする言動、行動を一つ一つ見直して、改めることで、人間関係は円滑になります。

そして、それが考えなくても出来るようにを目指しましょう。
他人と関わること、これ正に修行です。

それでも、頑張っても上手く行かないお相手とは、聖天様に「人害消滅」「縁切り」など対処法はあります。
聖夫婦に無料相談からご相談ください。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

人間の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への相談でも良いです。ご相談内容が他の読者様にも役立ちそうな場合など、ブログや動画の題材にさせて頂く場合が御座いますので宜しくお願い致します。合掌

タイトルとURLをコピーしました