ガネーシャVS韋駄天

ガネーシャ・シヴァ・パールヴァティ
この記事は約2分で読めます。

聖天様(歓喜天)の男天様の起源は、インドのヒンドゥー教のガネーシャです。

韋駄天様の起源は、インドのヒンドゥー教のスカンダです。

知る人も多いでしょうが、ガネーシャとスカンダは、シヴァを父とし、パールヴァティを母とする、兄弟なのです。

ちなみにガネーシャが長男で、スカンダが次男です。

そんなある日のこと、父親であるシヴァが兄弟2人に世界一周の競争を命じました。

さて、ガネーシャとスカンダ、どちらが勝ったでしょうか。

このスカンダは韋駄天という名から想像できる通り、とにかく速い。

普通に考えればスカンダと答えるのが普通ですが、そんなオチなら私がブログに書くはずがないと、裏を読む人はガネーシャと思われることでしょう(笑)

そうです。

ガネーシャが勝ちました。

何故にガネーシャはスカンダに勝てたのか?

俊足のスカンダは、あっという間に世界一周して来ました。

それに対しガネーシャは、スカンダがスタートし戻る前に、父シヴァと母パールヴァティの周りを一周し終えました。

そしてガネーシャは「私にとっての世界は父上様と母上様です」と言われたそうです。

インドのヒンドゥー教でガネーシャは、智慧の神様としても有名で信仰されているのです。

その智慧の神様であるガネーシャ神様が、十一面観音様と双身で仏教に帰依されたのが、大聖歓喜双身天王様、つまりは聖天様(歓喜天)なのです。

合掌
執筆者:聖パパ

0
助言と忠告

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました