聖天様に仕える聖夫婦から読者様へ

聖天様にお取り次ぐ聖天様へ願い届く各種祈祷・聖天様の御言葉を授かる占い鑑定・聖天様の御守護を賜る御真言入り特別祈祷済み御守・聖天様へ奉納し願い届く祈願絵馬・聖天様に御献灯し願い届く祈願蝋燭を承っています。
また、他には無い聖天様専用の商品(神具・仏具・他)お分けしています。
詳しくは下記より確認して下さい。合掌

確認

いじめ・ハラスメント・天罰下る

いじめ・ハラスメント・陰口・悪口聖夫婦ブログ
この記事は約3分で読めます。
聖天様専用商品バナー

聖天ブログ商品バナー

友だち追加聖夫婦LINE無料相談

聖天様の御言葉を聞く▶

インターネットの普及もあってか、いじめ・ハラスメントは、ますます増える一方にあるようにも感じています。

いじめ・ハラスメント、これは人に害を与える不徳な行為です。

私が承る無料相談でも、学校や職場でのいじめやハラスメントによる相談は多く頂いています。

いじめ・ハラスメントを行う者は、やがていじめ・ハラスメントしたこと忘れるでしょうが、いじめ・ハラスメントを受けた者は、一生涯忘れないものです。

いじめ・ハラスメントは、忘れた頃に必ず、因果応報となり、ブーメランとして、いじめ・ハラスメントを行った者に返ってくると肝に銘じるべしです。

いじめ・ハラスメントは天に唾する行為

いじめ・ハラスメントは天に唾する行為であり、天に唾するということは、聖天様に唾する行為でもあると言えます。

聖天様が宿る神秘の品▶

天に唾しても空気を汚すことなど出来ず、聖天様に唾しても聖天様に届くはずもなく、必ず唾を吐いた者の顔に落ちてきます。

これ正に因果応報ですね。

陰口も天に唾する行為

いじめ・ハラスメントは相手に直接行う行為ですが、陰口は相手の知らない所で行う行為です。しかしながら陰口も天に唾する行為であり同罪です。

一部では「相手に直接じゃなく相手の知らない所で言うことだから相手に害はない」と理解している人がいるかもしれませんが大間違いです。

陰口の多くは誰かと一緒に複数人で行います。「この話は内緒」とか「この事は言わないで欲しい」なんて言っても、その者が吐いた陰口は相手のところまで独り歩きします。

また、仮に相手の所に辿り着かなかったとしても、陰口は天に唾する行為であり、それを天に隠すことなど出来ませんので、その行為は因果応報として、ブーメランとなり自分に返ります。

これ天罰とも言えます。

最近はSNSや書き込み掲示板サイトなど便利なシステムが多く御座いますが、このようなところでも、誰かを悪く書くこと立派な陰口であり、天に唾する行為であるが故に、やがては因果応報として、ブーメランとなり、天に吐いた唾は、己の顔に落ちるという天罰が下ります。

いじめ・ハラスメント・陰口の対応

いじめられた、ハラスメントされた、陰口を言われた、その場合の対応はどうすれば良いのか。その度合いによっては、然るべき所へ相談するべきであります。

また、それほどでもないと感じる場合は関わり合わぬことです。決して恨んだり復讐したりしないことです。

いじめ・ハラスメント・陰口を受けたからと言って、その相手に対し恨み節を言ったり復讐したりすれば、それがまた天に唾する行為となり因果応報としてブーメランとなり、返ってきます。つまり「同じ穴の狢」となります。

いじめ・ハラスメント・陰口を受けた者が何もしなくとも、いじめ・ハラスメント・陰口を行った者(直接に行わなくとも同調すれば同罪)には、必ず天罰が下ると肝に銘じるべしです。

触らぬ神に祟りなしといいますが、触らぬ悪意に悪事に祟りなしです。

合掌
執筆者:聖パパ

聖天様に願い届く秘法▶

友だち追加聖夫婦LINE無料相談

  1. マル より:

    全くその通りです。
    肝に銘じておきますし、そういう嫌なことには関わらないようにしようと思います。
    最近、悩んでいる時間がもったいなく感じる様になり気にしないように、、、気にしないように、、、
    そう思うと、気持ちが楽になりました。
    私は私らしく一日一日を大切にしていこうと思います。

    昨日、同じようなことで悩んでいる同僚がいて、そういう事は気にしない、関わらない、など、
    聖天様、聖夫婦様のブログをいつも見て、いつも考えさせられる学んでいる事などを話したら、
    同僚も気持ちが楽になりましたと、話を聞いてくれてありがとうございました❤と
    今度、ブログ見てみますと、沢山話して下さいました。

    聖天様、聖パパ様、聖ママ様
    いつも、気付きを与えて下さりありがとうございます。

    • 聖パパ聖パパ より:

      いつもありがとうございます。^^
      お二人とも気持ちが楽になったと聞いて嬉しく思います。
      何か辛いことや悩み事などあれば一人で抱えず気軽に相談して下さい。
      また、同僚の方にも同じこと宜しくお伝え下さい。
      今後お二人のご多幸を心から祈念致しております。
      合掌