『悪縁切り』か『復縁成就』か

悪縁切り
この記事は約4分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

人生に別れはつきものです。
しかし、別れは人を不安にさせることもあります。

悪縁は切るべし

あなたが思う悪縁

あなたが思う悪縁は、あなたが苦手なお相手であったり、あなたが関わりたくないお相手であったり、離れたい職場であったり、離れたい仕事であったり、離れたい土地であったり、離れたい家であったり、離れたい環境であったりでしょうか?

もちろんそれも悪縁です。

聖天様に願い、「悪縁切り」することで解決します。

しかし、あなたがそう思っていない「悪縁」もあります。

別れ

あなたが大切に思っていたお相手から別れを切り出されたりして、その結果、その大切な方との『御縁』が切れる。

あなたが大切に思っていたお相手から裏切られたりして、その結果、その大切な方との『御縁』が切れる。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

あなたが必至で頑張って来たのに、その会社を辞めなければならないことが起こり、その職場との『御縁』が切れる。

などなど人生生きていると、別れはつきものです。
別れがあるから、出会いがあるのです。

人生の転機

大切にしていた人や職場などと、『御縁』が切れる時…

実は、あなたが成長する時であり、あなたが本来共にいるべき人や環境と出会うための過程である場合が多いのです。

辛い、悲しい、喪失感

人生の転換期、自分の人生が大きく飛躍するそんな時、

その転換期が訪れる前に、辛く、苦しい状況になることも多々起こります。

そして、飛躍するために、今までの「縁」中でも「悪縁」が切れるということが起こります。

この場合の「悪縁」は、人だけには限りません。

住んでいた土地や家、あなたのお仕事、職場など、自分自身の環境も含まれます。

この悪縁、自分自身で悪縁だ!と理解できれば、それほど辛くはないのでしょうが、

自分では「悪縁」とは思わない事も多く、縁が切れたことで「喪失感」や「孤独感」のような寂しさに襲われる…そんな感情が芽生えます。

「強制終了」ともいえる、別れが訪れたのには、理由があるのです。

自分から別れを切り出した場合であっても、
別れを切り出された場合であっても、

その縁はあなたにとって必要な「御縁」ではなかったのです。

この「喪失感」や「孤独感」などの辛い感情から早く離脱しなければなりません。

別れは心を傷つけます。

なかなかすぐには客観的に物事を判断できなくなる場合もあります。

しかし、辛い経験を引きずることは、あなたの人生における、大切な時間を無駄に過ごすことになります。

もちろん、その心についた傷が大きければ大きいほど、すぐには前向きな気持ちになれないかもしれません。

しかし、そのネガティブな負の感情は、自分自身を傷つけます。

過去への執着心をずるずると引きずるのはやめにしましょう。

次のステージはすぐそこに

立ち直る為には前を向いて歩くことです。

長い人生、後から振り返ると、辛いと思っていたあの別れがあったからこそ、今の自分がいるのだと、そう思えるような、大きな別れが、今訪れたのかもしれません。

今こそが人生の転換期なのだと、頭を切り替える他ないのです。

その試練は、乗り越えられるからこその試練であり、次のステージへ上がる為の試練なのです。

新しいステージの扉を開きましょう。

自分自身で断ち切れないほど思いが強いなら、聖天様に「悪縁切り」をお願いしてはどうでしょう。
恋人、伴侶、職場、環境、辛い別れがあったなら、その思いを断ち切るのです。
断ち切ることで、気持ちがすっきり切り替えられるかもしれません。

思いを断ち切りたくない、新しいステージなど必要ない。
どうしてもやり直したい、復縁したい、そう考える方もいるでしょう。
運命は自分で選択出来るのです。もちろん、その道を選ぶことも出来るのです。

そんなやり直したい思いが強いなら、「復縁成就」を願うべきです。聖天様は他の諸天善神様で叶わなかった願いも叶えて下さる神様です。大願ではありますが、今まで沢山の奇蹟も見てきました。あなたの願いも叶えましょう。

いずれを選ぶかはあなた次第。どちらを選ばれても、聖夫婦があなたの今のその辛い思いを好転させるよう、聖天様に願いを届けるお手伝いをします。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

幸福の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました