【願い叶うか否か】妬まないようにする

妬み
この記事は約4分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

前回は心の三毒の『じん』の「憎しみ」についてのお話でしたが、今回は『じん』のなかの「妬み」についてのお話です。

「心の三毒」
とん:むさぼり・必要以上に求める心
じん:怒り・憎しみ・妬みの心
:おろかさ・愚痴・無知

じんは、怒り・憎しみ・妬みの心ですね。今回はその中でも『妬む』ことをやめましょう、というお話です。

どんな時に『妬む』という感情が生まれて来るのでしょうか?

『妬む』という感情は、「他人の仕合わせや長所を強くうらやんで憎む。」こと。「他人が自分よりすぐれている状態をうらやましく思って憎む。ねたましく思う。そねむ。」ことです。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

『妬む』という感情が芽生える

妬みも厄介な感情です。
他人の方が自分よりも、
・才能がある
・お金がある
・地位がある
・人から好かれている
・容姿が優れている
・勉強が出来る
・運動能力が高い
などなど….

他人と自分を比べ、他人の方が優れている、他人の方が幸せである、その様に思う時、生まれる感情です。

羨ましい…が度をすぎるとこのような感情が更に増幅します。

隣の芝生は青い

無いものねだり、というのでしょうか、人間は、自分に無いものを羨ましく思うことがあります。
隣の芝生は青い!という言葉もあるように、他人のことはよく見えるものです。

この隣の芝生は青いは、英語表現が語源と言われています。
The grass is always greener on the other side of the fence.塀の向こう側の芝生は、いつも青い

この様に他人を羨む、妬む気持ちは万国皆が持つ感情なのです。

羨ましく思っている相手にも苦悩はある

あなたに、とても羨ましく思っている相手がいるとします。
しかし、相手には、あなたには見えていない、裏の顔がある場合が多いです。

もしかしたら、相手はものすごく努力して、あなたが羨み、妬んでしまう、その環境を手に入れたのかもしれません。
もしかしたら、あなたが羨み、妬んでしまう、その環境を手に入れるために、今現在も見えない、見せない所で努力し続けているのかもしれません。
もしかしたら、あなたが羨む部分を持っていることが、その方にとってのストレスの元となっている場合もあります。

それぞれ、本当に本人でないとわからない苦労というのは存在します。

隣の芝は本当に青いのか

お隣さんの芝が本当に自分の庭より青いのでしょうか?
もしかしたら、そのお隣さんが、自分の家の芝を羨んでいるかもしれません。

隣の芝が本当に青いのなら

隣の芝が本当に自分の庭より、青く美しく、羨ましく、妬みの気持ちを持つのなら、

あなたにはすべきことがあるはずです。

・なぜその様に青くなるのかを研究する
・今まで以上にお手入れする
などなど、出来る努力をすべきです。

努力して、手に入るものは沢山あるはずです。
あなたが、実際正しい方向に努力し、諦めず、手に入れるまで努力し続ければ手に入るのかもしれません。

相手の手にしている持ち物が羨ましいなら、お金を稼ぐ努力をすべきです。
相手の職業が羨ましいなら、自分もその職業に就けるように努力すべきです。

いずれにしても、羨ましく思い、妬むのではなく、努力で手に入るものは、努力して手に入れればいいのです。

努力しても、どうしても手に入らないもの、というのも存在します。

努力しても、何をどうしても手に入らないものは、比べても仕方のないことと、諦めるほかありません。

それが出来ないなら、その羨む方と出来るだけ遠く距離を置き、相手を見ないですむような状況にするのも一つの方法です。
羨ましく思い、妬み、激しく嫌悪するところまで感情が進化する前に、その羨む方と出来るだけ遠く距離を置き、相手を見ないですむような状況にするのです。

これには、前回の「怒り」「憎しみ」同様”人害消滅””悪縁切り”などのご祈祷が効果的です。
自分にとっての害となる方との縁を断ち切るのです。

自分で解決出来ないことは、聖天様に頼るべきです。

そして、そんな「妬み」などという感情に時間を取られることなく、心穏やかに人生を過ごすべきです。

そんな前向きな生き方が聖天様の意に沿う生き方であり、願いが叶う、叶えて頂ける生き方であると言えます。

私達聖夫婦にも頼って下さい。

合掌

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

人間の心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました