2021令和3年の新年祈祷の申込受付中!確認する▶
ラクマに続きメルカリも開設を致しました!確認する▶

食べ物は美味しく有り難く頂くべし!

納豆で臭い不味いと華を摘む男性外国人
この記事は約1分で読めます。

美味しい?不味い?

人間は食べないと生きることが出来ません。

つまり食べれるということは生きれるという喜びなのです。

しかし世の中が裕福になればなるほど、食べることが出来る有り難みを感じることもなく、「不味い」という不徳な人間が増えます。

これでは功徳を得ることも出来ませんし、聖天様(歓喜天)も他の神仏様も振り向かれません。

 

もちろん人間ですから、食べ物に好き嫌いがあれば、味の好みも異なります。

しかし、だからと言って「不味い」と口にだすのは如何なものかなと存じます。

 

仮にグループで食事をし、その中に一人が「美味しい」と言って、周囲が喜ばしい気持ちになっても、嫌な気持ちになることは御座いません。

一方で、誰か一人が「不味い」と言って周囲が喜ばしく感じることはなく、美味しいものでも不味くなるような嫌な気持ちになると存じます。

 

聖天様(歓喜天)は喜びの神様です。

先ずは自分が「美味しい」と喜ぶことで聖天様(歓喜天)も喜ばれ、それにより他人が喜ぶことが、自分の功徳となって貯まっていくのです。

 

先ずは常日頃から食べれることに対し「有り難い」と感謝し、「美味しい」と喜び食べて下さい。

仮に不味かったとしても、「不味い」なんて絶対言わず、他人を嫌な気持ちにさせないことです。

 

合掌

執筆者:聖パパ

0
助言と忠告

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました