聖天様(歓喜天)ご真言(おん きり ぎゃく うん そわか)

この記事は約3分で読めます。

聖天様に仕える聖夫婦が承る無料相談

聖天様(歓喜天)の御真言は、ご存知かと思います。

基本的に天台宗では「おん きり ぎゃく うん そわか」と御真言を唱え、真言宗では「おん きりく ぎゃく うん そわか」と御真言を唱えます。

ちなみに生駒聖天宝山寺は真言律宗ですが、苦を抜くという意味から「おん きり ぎゃく うん そわか」と御真言を唱えます。

聖天様(歓喜天)に浴油祈祷などされて、聖天様(歓喜天)のお札を授かれば、自宅にお祀りし朝夕のお勤めは必須となります。

聖天様ご祈祷済み御守および神具仏具

生駒聖天宝山寺で聖天様(歓喜天)の経本が販売されていますが、少なくとも聖天様(歓喜天)の御真言は必須かと思います。

ちなみに皆さんは、聖天様(歓喜天)のお勤めで、聖天様(歓喜天)の御真言を何回くらい唱えていますか?

7回?

21回?

100回?

1000回?

ちなみに私ら夫婦は、聖天様(歓喜天)の御真言を最低でも1000回以上お唱えします。

基本的に聖天様(歓喜天)の御真言は、一座で最低100回以上は唱えた方が良いですが、それよりも大切なことがあります。

それは継続です。

最初から無理して、1000回の御真言を唱えても、無理して途中で止めてしまうようでは、本末転倒です。

最初から無理せずとも良いですが、もし可能なら100回は御真言を唱えた方が良いです。

結構100回くらい直ぐに慣れますので、1000回もさほど難しくは無いとは存じます。

ただ、回数を唱えることが目的として、心無く多くの回数を唱えても駄目です。

1回1回を、心こめて唱えるように致しましょう。

それが慣れることで、心こめて1000回を唱えるようになれば文句なしです。

最後に注意点として、絶対に忘れてはならないのが、十一面観音様の御真言「おん まか きゃろにきゃ そわか」です。

この十一面観音様の御真言「おん まか きゃろにきゃ そわか」と、聖天様(歓喜天)の御真言「おん きり ぎゃく うん そわか」は、必ずワンセットとし、願わくば100回でも1000回でも、十一面観音様と聖天様(歓喜天)の御真言は同じ回数を唱えることが一番良いですが、仮に無理な場合でも十一面観音様の御真言「おん まか きゃろにきゃ そわか」を100回唱え、聖天様(歓喜天)の御真言「おん きり ぎゃく うん そわか」を100回から1000回唱えると良いです。

ちなみに順序としては、十一面観音様の御真言「おん まか きゃろにきゃ そわか」が先で、次に聖天様(歓喜天)の御真言「おん きり ぎゃく うん そわか」を唱えます。

まだ最低100回の御真言を唱えていらっしゃらない方は、是非とも本日より始めてみて下さい。

もう一度だけ言いますが、最も大切なことは継続ですから、無理なさらず続けられるようにして下さい。

合掌

執筆者:パパ

聖天様に願い届く特別祈祷と別座祈祷

聖天様の御言葉で導き授かる占い鑑定

+3
作法と心得

皆様からのコメントお待ちしております。 コメント欄は自由に利用して下さい。聖夫婦への質問や相談でも良いです。コメント欄からの質問や相談に関しては、当方で選んだ一部の質問や相談のみブログにして返答しますので、必ず返答が欲しい人や非公開での質問や相談を希望される人は「無料相談」を利用して下さい。

  1. 鈴木 義徳 より:

    十一面観音様は
    「オン ロケイジン バラキリク」でも、よろしいですよね?
    私はそう認識してます。

    +1
  2. ねむ より:

    いつもお世話になっております。
    ご真言は光明真言、大日如来様、十一面観音様、聖天様を唱えております。
    中には軍荼利明王様も唱えて験を出す、という意見を見ましたが、唱えた方がよろしいでしょうか?

    +1
    • 聖パパ聖パパ より:

      お世話になります。
      唱えた方が良いか否かと言えば唱えた方が良いです。
      特に三宝荒神様と毘沙門天様は唱えた方が良いです。
      合掌

      +1
  3. ねむ より:

    φ(..)フムフム
    ありがとうございます(`・ω・´)ゞ
    何故か軍荼利明王様の真言は聖天様を締め上げて験を出させるイメージになってしまい、聖天様に申し訳ない気持ちになり…
    しかし、唱えた方が良いなら頑張ります!
    三宝荒神様、毘沙門天様と一緒に唱えてみます。
    ありがとうございましたm(_ _)m

    0
    • 聖パパ聖パパ より:

      ねむ様の「聖天様を締め上げて験を出させる」というイメージは間違いですね。
      男天様の足を踏んで抑えることが出来るのは女天様(十一面観音様)だけですが、聖天様を締め上げることが出来る神仏様など存在しません。
      間違ったイメージで御真言を唱えても良くないので、間違ったイメージは消し捨てた方が良いですね。
      もし、間違ったイメージを消せない場合は、唱えない方が良いですね。
      合掌

      0
タイトルとURLをコピーしました