聖天様(歓喜天)の意に適う読経の心得

大聖歓喜天拝禮講式(経本)
この記事は約2分で読めます。

量より質

聖天様(歓喜天)お札を自宅に迎え、毎日朝夕に読経されている聖天信仰者様は多いでしょう。

そこで本日は、聖天様(歓喜天)の意に適う読経の心得を、大枠で記したいと存じます。

 

読経されている聖天信仰者様の多くが、生駒山宝山寺や待乳山本龍院などで、聖天様(歓喜天)の経本を購入し、日々読経されていることと存じます。

お経には短いものから長いものまで、また御真言も最高1000回と、最初から全て読経するのは困難かと存じます。

しかし、どうしても聖天様(歓喜天)に願い叶えて欲しい、出来るだけ早く聖天様(歓喜天)に願い叶えて欲しい、という意識から少しでも多く唱えようとするでしょう。

するとどうなるか・・・

早口になります!(笑)

 

お経を聖天様(歓喜天)に気持ちよく聞いて頂くというよりも、とにかく沢山読経することに意識が走り、必死になるでしょう。

ところが、それが結果的に本末転倒となるのです。

 

もちろん、お経も御真言も数多い方が良いのですが、それはあくまでも質を得た上での話です。

つまり読経は量より質なのです。

 

例えば、聖天様(歓喜天)の御真言を早口で1000回唱えるより、ゆっくり心込めて聖天様(歓喜天)に気持ちよく100回聞いてもらう方が良いのです。

例えば、般若心経でも同じことです。

 

人間でも同じですが、誰かに頼み事をする時、早口で100回「お願いします!」という言葉は軽くなり、ゆっくり心込めて1回「お願いします!」と言う言葉の方が重くなります。

早口で般若心経を唱えるより、ゆっくり心込めて唱えた方が聖天様(歓喜天)の意に適うのです。

 

最初から無理して多く唱えようとせず、最初は少なくても良いので心込めて聖天様(歓喜天)に気持ちよく聞いてもらって下さい。

だからと言って甘えては駄目です。

ゆっくり心込めて聖天様(歓喜天)の御真言を7回唱えることが出来たら、次は21回、次は100回と、質を保った状態で量を増やして下さい。

ゆっくり心込めて聖天様(歓喜天)に般若心経を唱えたら、次は観音経(普門品)を唱えたり、あくまでも質を保った状態で量を増やして下さい。

これが聖天様(歓喜天)の意に適う読経の心得です。

 

合掌

執筆者:聖パパ

 

1+
意識と行動

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

  1. マー坊 より:

    普門品が唱えられる様になると、早口になってしまいます…。
    気を付けてゆっくり、心を込めて!

    最近、勉強にかこつけ、甘えているかもしれません。
    気を引き締めて精進いたします。

    0
  2. 出戻り信者 より:

    聖パパ様、ありがたいお話をありがとうございます。
    自分の読経はどうなのか?と思い、携帯のボイスレコーダーに録音して聞いて見ました。……
    早口になってました。
    ゆっくり、丁寧を心がけます。(反省)

    0
タイトルとURLをコピーしました