続編!聖天様(歓喜天)に他人様の諸願成就を願う

参拝・参詣・祈願・合掌
この記事は約2分で読めます。

前回「聖天様(歓喜天)に他人様の諸願成就を願う」という記事を書きました。

まだ見られていない方は、是非ご一読下さい。 ▶Click here◀

この記事で多くの方が感動され、匿名様に対する感謝の意が、メールを中心に続々と届いております。

そして皆様から「私も匿名様の為に祈ります」というような御言葉を頂いております。

これはこれで素晴らしいことであり、是非とも匿名様の為に祈って頂けると幸いですが、もう1つ私から御提案が御座います。

匿名様は他人様の幸(諸願成就)を願われました。

よって、皆様も他人様の幸(諸願成就)を願われては如何でしょうか。

現状では「匿名様と皆様」という構図が出来ておりますが、「皆様と皆様」という構図にされた方が宜しいかと存じます。

匿名様とか皆様とか、ややこしい書き方で申し訳ないですが、皆様それぞれが他人様の幸(諸願成就)を願うことで、匿名様の幸(諸願成就)を願うことになります。

匿名様と皆様という狭い構図ではなく、皆様と皆様という広い構図で幸(諸願成就)を願い合う方が、より大きなパワーとなり聖天様(歓喜天)にも届くかと存じ、聖天様(歓喜天)も他人様の幸(諸願成就)を願い合うことで喜ばれるかと存じます。

誤解の無いよう念の為に申し上げますが、これは匿名様の幸(諸願成就)を願わず、他人様の幸(諸願成就)を願いましょうという意味では御座いません。

皆様が匿名様の特別祈祷に歓喜され、匿名A様のようにお返しの特別祈祷や、寺院での参拝および自宅でのお勤め時に、匿名様の幸(諸願成就)を願うことは素晴らしいことでありますので、匿名様へのお返しを感じられた方は是非とも行われて下さい。

ただ、それとは別な意味で、より大きな視野で、他人様の幸(諸願成就)を願われては如何でしょうか、という意味であり、その功徳は必ず「あなた様」に返ります。

最後に、これまで私事かとブログには記しておりませんでしたが、今までに複数人の方から、私ら聖夫婦の幸を願う特別祈祷の御依頼を授かりました。

その方々に対しても、この場をお借りし、重ねて御礼を申し上げます。

合掌
執筆者:聖パパ

0
助言と忠告

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました