聖天様へ祈願祈祷する際の縁結びを更に具体的に一歩踏み込んだ願意

ご祈祷を申し込む女性
この記事は約2分で読めます。

先日は「縁結び=男女関係にあらず」というブログを書きましたが、本日も続いて縁結びに関したブログを書きたいと思います。

この世には「袖振り合うも多生の縁」という言葉が御座います。

これは「この世での人と人との縁は、全てが単なる偶然では無く、前世からの何らかの深い因縁によって繋がる縁であるが故に、いかなる縁であれ大切にしなければならない」という意味です。

また当ブログでも「御縁」という言葉を頻繁に書いていますが、これを「五縁」と書く場合も御座います。

この「五縁」を「血縁・地縁・学縁・社縁・趣縁」という意味で示したり、人間の五本の手の指で「親指は親の縁、人差し指は他人の縁、中指は友人の縁、薬指は夫婦の縁、小指は子供の縁」という意味で示したりもします。

血縁は親や兄弟や子供や孫など血で繋がる縁を意味し、地縁とは地元地域住民との縁を意味し、学縁とは学校での縁を意味し、社縁とは会社での縁を意味し、趣縁とは趣味で繋がる縁を意味します。

他にも、神様と繋がる縁は神縁、仏様と繋がる縁は仏縁、その他の物と繋がる縁を物縁とも言えますし、この世の全てが縁であるが故に、他にも様々な縁が存在します。

このような多く有る縁の言葉を、そのまま祈願祈祷の願意にするのも良しです。

当方の聖天様に行う祈祷には「願文」というものが御座いますので、願意は「縁結び」でも全く問題は無いですが、もし願意のみで祈祷を行う寺社とか、縁結びから更に一歩踏み込んだ願意にしたいという場合に、このような言葉を願意にするのも良いと存じます。

神様との御縁が欲しいなら「神縁結び」とか、仏様との御縁が欲しいなら「仏縁結び」とか、同じ趣味を持つ人との縁が欲しいなら「趣縁結び」とか、何らかの物が欲しいなら「物縁結び」とするのも良いと存じます。

要は「縁結び」という言葉の前に、自分が欲しいと望む縁を示す具体的な文字を、一文字だけ付け加えてあげれば良いのです。

皆様が望む縁が結ばれますように!

合掌

+4
祈願と御礼

皆様からのコメントお待ちしております。 いつもコメント有り難う御座います。名前はハンドルネームでも良いので気軽にコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました