***お知らせ***
令和2年8月12日

お盆期間中も祈祷や鑑定など各種サービスは休まずに承ります。

 

他の人には聞こえない助けを求める声

カナブンとカラスブログ
この記事は約1分で読めます。

聖天様専用商品バナー

最近またカナブンを多く見ます。見るのは良いのですが、いつも道中で逆さまになり、身動きが出来なくなっているカナブンを多く見るのです。

そんなカナブンを見る度に『こんな所で危ないじゃないか!』『人間に踏まれたらどうするんだ!』『ひっくり返ったのか?』『着地に失敗したのか?』なんて言いながら、正位置に戻してあげています。

カナブン

昨日は、通りの角を曲がろうとした瞬間に『助けを求める声』が聞こえました。曲がった所には、食われまいと逃げるカナブンと、食ってやろうと追うカラスの姿がありました。

カラス

その瞬間に私は『こらぁ!大きいのが小さいのを虐めたら駄目じゃないか!』と、カラスを叱責しました。

カラスは驚いた様子で、カナブンを追うこと諦め、慌てて逃げて行きました。

カナブンも危機一髪で命を奪われずに済んだのですが、周りの人から見たら『変な人』に思われていると思います。(笑)

合掌

  1. マー坊 より:

    私も、同じ事します(笑)
    特に夏場の夜!
    電車の中に蝉が無銭乗車。
    『車掌さんに、見つからないうちに、はよ逃げや』と言って、逃がします。
    田舎なので(^^ゞ