聖天様に仕える聖夫婦から読者様へ

聖天様にお取り次ぐ聖天様へ願い届く各種祈祷・聖天様の御言葉を授かる占い鑑定・聖天様の御守護を賜る御真言入り特別祈祷済み御守・聖天様へ奉納し願い届く祈願絵馬・聖天様に御献灯し願い届く祈願蝋燭を承っています。
また、他には無い聖天様専用の商品(神具・仏具・他)お分けしています。
詳しくは下記より確認して下さい。合掌

確認

聖天様に願う病気平癒と癌封じ

病気の女性聖夫婦ブログ
この記事は約2分で読めます。
聖天様専用商品バナー

聖天ブログ商品バナー

友だち追加聖夫婦LINE無料相談

聖天様の御言葉を聞く▶

現世に生きる人間には沢山の悩みがあります。お金の悩み・病気の悩み・恋の悩み・仕事の悩み・家庭の悩み・学校の悩み・職場の悩み・その他。

その中で、この世に生まれて死ぬまでに、誰もが一度は経験するであろう、生死にも関わる悩みと言えば、病気の悩みかと存じます。

もちろん生死に関わらない病気も御座いますが、生死に関わる病気ともなれば尚更のことです。特に誰もが恐れる病気と言えば「癌」です。

聖天様が宿る神秘の品▶

病気平癒と癌封じ

基本的に病気を治して欲しいという願意は「病気平癒」という認識が多いですが、癌という病気に関しては「癌封じ」が良いです。もちろん大枠で病気平癒としても良いのですが、癌の場合は具体的に「癌封じ」とした方が良いです。

そもそも癌に関する具体的な祈願と言えば、「癌が治癒しますように」「癌の手術が成功しますように」「癌が再発又は転移しませんように」などが主になるかと存じます。

しかし癌封じとは、必ずしも癌になってからの願意では御座いません。

癌の告知を受けてからでは遅い

ある日突然に、癌の告知を受け、慌てて癌封じ祈祷する。そんなパターンが大半と存じますが、癌という病気は発症してからでは遅いと言える病気であること誰もが知るところだと存じます。

そもそも癌という病気は現在の医学でも治癒しにくい病気であり、出来ることなら未然に防ぎたい病気であると言えます。

実際に癌になる前から「癌になりませんように」と祈願する人もいますが、これは正しい祈願だと思います。癌になってから治癒してもらうより、癌にならないよう未然に封じてしてもらった方が有り難いですからね。

癌の告知を受けた人は勿論のことですが、健康である人でも、聖天様へ事前に「病気平癒」や「癌封じ」の祈願されてはいかがでしょうか。月に1回でも年に1回でも良いと思いますので、病気平癒や癌封じの、ご祈祷などされると更に良しかと存じます。

合掌
執筆者:聖パパ

聖天様に願い届く秘法▶

友だち追加聖夫婦LINE無料相談