【聖天様専用商品】今月のSALE ▶
聖天様に仕える聖夫婦から読者様へ

聖天様にお取り次ぐ聖天様へ願い届く各種祈祷・聖天様の御言葉を授かる占い鑑定・聖天様の御守護を賜る御真言入り特別祈祷済み御守・聖天様へ奉納し願い届く祈願絵馬・聖天様に御献灯し願い届く祈願蝋燭を承っています。
また、他には無い聖天様専用の商品(神具・仏具・他)お分けしています。
詳しくは下記より確認して下さい。合掌

確認

聖天様(歓喜天)で七五三やお宮参り

『七五三』や『お宮参り』聖夫婦
この記事は約3分で読めます。
聖天様専用商品バナー

聖天ブログ商品バナー

友だち追加聖夫婦LINE無料相談

聖天様に御言葉を授かる占い鑑定▶
セール・出品・売切など最新情報▶

『七五三』や『お宮参り』

生駒の宝山寺は、神社ではありませんが、『七五三』や『お宮参り』をして頂けます。聖天様(歓喜天)に赤ちゃんの初行事である『お宮参り』や、子供の健やかな成長を願う『七五三』の御祈祷をしていただくのはとても贅沢です。

待乳山聖天なども『七五三』や『お宮参り』をして頂けます。その他の聖天寺院では、『七五三』や『お宮参り』などを行っているか、金額なども先にご確認願います。

生駒:宝山寺の場合の『七五三』や『お宮参り』

確か金額は5,000円位だったと思いますが…確認して下さい^^;

大きな神社などでは、合同で行われる事が多い『七五三』や『お宮参り』ですが、宝山寺では、申し込まれた、一家族だけで、聖天様(歓喜天)の拝殿で『七五三』や『お宮参り』の御祈祷をして頂けますので、とても贅沢です。

予約が必要となりますので、必ずお電話などで事前に予約をとって下さい。

『七五三』とは

子供の成長をお祝いする節目の行事となる七五三。
女の子は3歳と7歳、男の子は5歳に七五三のお祝いをします。

昔は数え年で七五三を祝うのが殆どでした。
しかし、最近では数え年でお祝いされても、満年齢でお祝いされてもどちらでも構わないようです。

3歳・5歳・7歳のお祝いには次のような名称と意味があります。
3歳:髪置き=髪を伸ばし始める儀式
5歳:袴着=初めて袴を着る儀式
7歳:帯解き=初めて帯を付けて着物を着る儀式

参拝日は一般的には11月15日と言われています。

しかし、近年は、皆が集まれる日。パパが会社をお休みの日などに合わされる方のほうが多いと言われています。大幅に時期をずらされる方もいるようです。
しかし、神社などによっては時期が外れると、『七五三』の御祈祷をしていただけない所もあるようですので、時期を大幅にずらされる方は事前に確認する必要がありそうです。

又、『七五三』は写真館などで、記念に残すという方が多いようですが、1日で済まされる方より、写真は別日に撮り、お参りは『七五三』の時期に合わせてされる方も多いようです。

慣れない着物や袴姿、さらに天候で暑かったりすると、お子様は、疲れて、ぐずってしまう場合も考えられますので、よくご家族で相談されるのがいいかもしれません。

『お宮参り』とは

お宮参りは、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目に行うというのが、正式な『お宮参り』です。

赤ちゃんが生まれた時期によっては、最初の行事が初節句になることもありますが、一般的に赤ちゃんの行事で一番最初に行うのが、生後7日目のお七夜、次がお宮参りとなります。

『お宮参り』では、パパや祖父はスーツを着用し、ママは訪問着やワンピース、祖母は留袖が正式とされています。

ちなみに『お七夜』とは

「お七夜」とは赤ちゃんが生まれてから7日めの夜に、赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いのことです。

赤ちゃんが誕生した日=0日。7日めの夜が「お七夜」となります。

赤ちゃんにとってははじめてのお祝い行事となり、親戚などを招いて名前を披露する「命名式」を同時に行うのが一般的です。

最近では、帝王切開などで退院が遅れたり、又、里帰り出産も多いことなどから、お七夜はしないというご家庭も増えてきているようです。

合掌
執筆者:聖ママ

聖天様に願い届く秘法の特別祈祷▶
聖天様に御一人様だけの別座祈祷▶

~読者様へ~
下記コメント欄は自由に使用して下さい。
読者様同士で交流の場になれば幸いです。
コメントでの質問は基本対応致しません。
質問ある方は無料相談から連絡を下さい。
不適切と判断したコメントは削除します。
合掌

友だち追加聖夫婦LINE無料相談